いくら貯めたら投資をはじめるか

投資入門

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、投資は余裕資金で始めるべき、という考えです。

 

じゃあその余裕資金はどれくらい必要なの?という疑問が出ますが、できることなら貯めながら投資も同時並行でやるべきです。

 

  • 不安ならば、投資は余裕資金でやる
  • 貯金しながら、並行して投資をやっていく

 

この2点から投資をはじめても全然いけます。

 

貯金をしながら、同時並行的に投資もやっていく

投資 目的

余裕資金で、というのはそのほうが心理的に投資しても安心だからなんですね。

ですが、投資を始めるだけなら、実は余裕資金じゃなくてもできます。

そして、大金も必要ありません。

 

今は最低100円から投資信託を買うことができます。

なので、そこまで大金準備しなくても投資は始められます。

むろん、100円の投資では資産形成でムリゲーですが。

 

よく〇〇万円貯めてから投資をやろう!とかそういうのを見かけたりしますが、金額にこだわらずになるべく早く投資をやった方がいいです。

投資をいつはじめるか。今でしょ。

2019年9月9日

 

ぱぺまぺが投資をはじめたとき、余裕資金というものは特にありませんでした。

貯金とか全部含めても、マジでお金はなかったんですけどね。

 

でもそのころから投資をはじめてます。

最初は5000円とか、1万円とか、そんなもんでした。

 

ぱぺまぺは、投資しながら同時並行で貯金もやってました。

 

お金貯めてから投資始めるまでの、時間がもったいない

基本的にいくら貯めてから、例えば100万円貯めてからやる、とか10万円貯めてからやる、とか目標金額を定めるものあまり意味はないかなと。

100%目標金額に達したら投資をやれるならいいですがね。

 

なんやかんや理由をつけた後やらないで、他のことに使ったり、結局やらなかったり、何かの理由で大きな出費して貯めたお金がなくなっちゃったり、とか色々あるんですよね。

 

この〇〇万円貯めてから実際に投資をやるまでの時間がもったいないです。

本当に投資を始められればまだいいですが、貯めた結果、なんやかんやあって投資結局始めない、みたいなパターンになったらどうですか?

 

貯めてた間の時間、もったいないです。

 

仮に10万貯めてから投資をやるとして、1か月1万円ずつ貯金したら投資をはじめるまで10か月かかります。

10か月後に投資絶対できるならいいですが、10か月待ったあげく結局やらない、のでは10か月ムダです。

 

それだったら1か月1万円ずつ貯金したとおもって、1万円ずつ投資したほうがよっぽどマシです。

 

なので目標金額をあえて定めず、貯金しながら投資も同時並行でやればいいです。

 

貯金と投資を小さく並行してやると良いこと

↑の例では1万円でやりましたが、5000円でも、1000円も投資はできます。

100円から買える投資信託のおかげで、自分のムリのない範囲で投資を始めることができます。

 

ムリのない範囲で投資をし、ムリのない金額も同時に貯金していく。

こうすることで、

  • 貯金もできる。
  • 生活防衛資金としても使える
  • 投資用資金としても転用できる
  • 心に余裕が生まれる

 

という感じです。

投資をやると、日々マイナスになったりプラスになったりそういうのを気にするようになります。

 

投資とは別で貯金で現金を保有しておくことで、心に余裕が生まれます。

この余裕をつくっておくのは、投資を継続するうえで重要です。

 

最初は小さくはじめて、余裕が出てきたらだんだん資金を増やしていけばいいのです。

投資信託を増額して買ってもいいし、ETFや個別株に挑戦するもよしです。

 

〇〇円貯まったら投資をやる、というのは、暇になったら○○やるみたいな感じと似ています。

そして往々にしてその暇は永遠に訪れなくて、結局やらない、と。

目標を定めてちゃんとやれる人はいいですがね。

 

目標金額を定める前に、とりあえず少額で投資信託を買ってみて、投資とはこういうもんかと味わってからでも遅くはないです。

 

というわけで、いくら貯めたら投資をはじめるべきか、というのは

  • 目標金額定めて、必ずできそうならその金額
  • 目標金額定めてもできそうもないなら、貯金と投資を同時並行で、小さく始める

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。