いざというとき、使えるお金があるということ

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

「世の中、お金」ではないですが、大半のことはお金で解決できるというのが現実です。

 

投資をやる前ですが、ぱぺまぺはそのころ職もちゃんと決まっていなかったし、お金がめちゃくちゃなかったんですね。

 

今では考えられないぐらいです。

いざというときに何とかするお金すらなかったです。

コツコツと積み上げてきた結果ですがね。

 

投資をやる以前、貯金もコツコツやっていた

 

ぱぺまぺの知り合いにガチで本当にお金がない人がいます。

元々ギャンブルが好きで、それのせいで生活が破綻してしまったんですが・・・。

 

もちろん投資には興味が全くない人で、基本的に常に綱渡り状態なんですね。

出費のやり方を間違えると、次の日のご飯が食べられないという感じ・・・。

 

病気になってもお金ないからマジで病院にも行けないし、自分にちょっとしたご褒美な物が買えないぐらいです。

 

他人ごとながら心配してしまうレベルです。。。

 

まあその人には申し訳ないんですが、やっぱりお金がないと何もできないんだなぁというの感想ですね。

ギャンブルに嵌まって生活が破綻している一例が、目の前にいるわけです。

 

今、ぱぺまぺがやっている投資だって、お金がないと始められないですからね。

いくら少額でできるとはいえ、 少額投資では実際のところ30年後食っていけるかどうかわかりませんし。

 

そもそも投資するお金があるなら、生活費もなんとかなっているはずですからね。

 

ぱぺまぺはギャンブルはやらずに、コツコツと貯金をしていました。

投資をやる前は、もちろん投資などやっていなかったので、ほぼほぼ貯金してました。

今の投資資金的余力が、そのままそっくり貯金していたのです。

 

つまり、ぱぺまぺが投資をやる前は、コツコツと貯金していた経緯があり、投資をはじめるための土壌は着々とできあがっていたわけです。

もちろんそのころは投資をやるなんて1mmも考えていませんでしたが、、、。

 

備えあればなんとやらで、お金さえ貯めておけばなににでも使えると思っていたんですよね。

マジでお金がなかったので、とりあえずまずはお金を貯めておこうと。

 

  • お金を貯める → 資金があれば、なににでも使うことができる
  • ギャンブルをやる → 負けたらお金がなくなる。お金がないとなにもできないので、やらない

 

という思考が働いていたので、コツコツ貯金していました。

めっちゃシンプルです。

 

結果的には、その資金が投資をするために活用されました。

偶然ですけどね。

 

お金がないと、投資すら、もちろん日々の生活すらままならないです。

なので、なにをするにしてもお金は必要です。

 

投資をやるにしても、やらないにしても、資金の積み重ねは常々やっておくべきです。

資金さえ備えておけば、次の行動に移しやすいですからね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。