ぱぺまぺ流投資戦略~貧乏人の投資戦略~

投資戦略

スポンサーリンク







初心者的投資戦略

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、米国株式に偏った国際分散型のポートフォリオを組んで投資しています。

これがぱぺまぺが考えているポートフォリオです。

とりあえずだいたいのやつに戦略とかつけてみました(笑)

なんかかっこよく見えるので(笑)

かの有名なシーゲル先生のポートフォリオを参考にしつつ、米国株のロジカルな人のこの記事を参考にしました!

参考記事「シーゲル流、日本人向きポートフォリオ

なお、上の図はシーゲルポートフォリオです。

グロース株の個別株をいれたり国内株式と債券を組み入れてちょっとオリジナリティを出したつもりです。

(全然でてないけどな!)

あえてVTといった全世界株式のものは買い付けしません。

面白くないので(笑)

VT1本でいいやんという突っ込みもなしでお願いします(笑)

VT1本だと、自分で自由に比率を決められないからさ!

米国株式インデックス戦略

米国市場をメインとするインデックス、S&P500やNYダウ30種などに連動するインデックスファンドに投資します。

米国市場というと代表的なのは、

  • 米国大型株500社対象のS&P500指数
  • 大型株500社の中からさらに厳選されたNYダウ30種指数

になるかな、と。

ここの部分はいわゆる米国集中投資になりますね。

比率多めなのは、VTという世界分散ETFでさえ米国が占める割合は約半分で、重要な部分だからです。

まあ、ぶっちゃけ米国に投資しとけばだいたい間違いなくね?

高配当戦略 改訂

2018年12月30日

対象とするのは、

米国株式インデックス戦略保有銘柄

インデックスファンドだけでなく、ETFまで買っちゃって、見事なまでの米国集中投資!

いやあ、やっぱりETFも買ってみたしドルで配当金もらってみたいじゃないですか!

それぞれリンクがあるところは個別記事がありますので、そちらもよければどうぞ。

高配当戦略

配当利回りが高い銘柄を焦点にあてて投資します

ただし、配当金を目的としていないため、配当金を払い出されずに配当再投資が自動でなされるインデックスファンドに投資することとします。

高配当株式なのに配当金目的でないとは、なんのために高配当株に投資しているの?っていわれそうですが、配当金にも税金がかかってリターンに影響を及ぼします。

元々資金力があって、高配当株に多数買い増しできて、高額な配当金が入るなら話は分かります。

しかし、そうでなければ配当金が入っても雀の涙であまりうまみはありません。

だったら、配当再投資を自動的にやってくれるインデックスファンドに投資したほうがいいです。

対象とするインデックスファンドは、楽天・バンガード・ファンドシリーズからちょうどいいのが出ていますので、それにしてます。

高配当株式にだけ集中的に投資する、格安インデックスファンドです。

楽天さん、他のバンガードコラボだしてくれませんかねえ?

日本株式&日本債券(非米国株インデックス戦略)

最近では米国株式投資がブロガーの間で流行っていて影が薄くなっています(笑)

むしろ日本オワタみたいな?

そんな風潮?

米国株式に人気が集まってみんながそっちに向かってて、逆に日本が見向きもされないと。

不人気なんだったらむしろチャンスじゃね?

ということでここであえて分散性の観点から日本の株式と債券に投資していきます。

シーゲルポートフォリオでいえば、非米国株インデックス戦略部分にあたります。

文字通り非米国株インデックスなので、こちらは我が国のインデックスファンドをあてることにしました。

うん、せっかく投資の世界に足どころか手も踏み入れたんだから、米国は当然、「ついで」に日本株式クラスや債券クラスにだって投資してみたいじゃん?

個別株では2銘柄を保有しています。

みずほ銀行株価が割と安定してて面白みがありませんが、それが逆にいい(笑)

東京電力は、いつか配当金が復活して株価がもとの水準とまではいわないけど回復すると見込んでいるので、安いうちに先行投資です。

100株しかもってないけどな!

それ以外ではインデックスファンドで投資します。

日本株式・日本債券インデックスファンド保有銘柄

TOPIXじゃなくて厳選された225銘柄の日経平均を選んだのは、そこまで分散しなくてもいいかなって!

だって主役は、米国さんだから!

債券ファンドは、例えば世界同時株安とかになったら資金調達という名目で売ってしまうかもしれません!

グローバル戦略(先進国&新興国)

日本を除く先進国と、新興国に投資します。

先ほど上記でもいいましたが、最近では米国株に集中して投資する人が増えているようです。

たしかに世界市場における米国の位置づけは大変重要です。

世界株式VTにおいても、米国の構成比率は半分占めています。

米国はこの先20~30年以上重要な位置づけにいることは間違いないと思います。

だからといってほかの国々に投資しなくていいというわけでもないと思うのです。

米国以外のリターンを「ついで」に得たいのよ。ただ、それだけ。

まあ、成績が悪いとこにも投資しちゃうことになるけどね!

対象となるインデックスファンドは、

日本を仲間外れにする先進国株式さんよ。

残念だが日本にも投資しちゃうよ?

あと、米国も含まれてるけど気にしてないよ!

セクター戦略

ここでいうセクター戦略は、シーゲル先生のセクター戦略とはちょっと違います。

米国個別株の、景気循環別にセクター分散された投資を行う、セクター戦略です。

こちらはワンタップバイで少額から個別株を投資していきます。

こんなきれいにいってないけどね!

理想 ↑

現実 ↓

キタナイなあ(笑)

セクター戦略なんてかっこいい感じでいってますけど、ただの米国個別株投資。

つまるところ米国集中投資に他なりません!

インデックスファンドでこれらの銘柄は含まれてますけどね!

だからあえて個別株投資する必要ないんだけどね!

でもね!

やっぱり個別株投資っての、やってみたいじゃん?

中小型株戦略

中~小型株式を拾う感じで投資します。

大型株にはないリターンを期待して。

大型株式類と違って値動きが激しいのが難点です。

中型株、小型株とか大型株式に比べてオマケって感じします。

そこであえてメインで中小型株式に投資するインデックスファンドに投資して!

そのオマケを拾うよ!

債券ってなに?

2018年12月14日

グロース株式戦略

はやりのグロース株にも投資します。

グロース株投資はメインではないので、あくまで補助的な位置づけです。

短期~中期投資になると思います。

つまり長期保有するつもりがなくて、値上がり益(キャピタルゲイン)

ぱぺまぺは、資金がないので今成長中の人気グロース株なんか買えません。

でもね!

いいんだ!

ぱぺまぺにはワンタップバイがあるから!

ワンタップバイ米国で買えるグロース株といえば、

  • アップル
  • アマゾン
  • フェイスブック
  • アルファベット
  • ビザ

あたりになるのかなと。

ぱぺまぺは、この中で保有している銘柄は、以下の銘柄です。

グロース株式戦略

  • アップル
  • アルファベット

アルファベットは、無配株です。

アップルは、少ないですが配当を出しています。

アルファベットもいつか出すのかなあと淡い期待を抱きつつ、投資します。

無配株なのにアルファベットに投資する理由は、

  • グロース株に投資してみたいという欲望の発散
  • ただの値上がり益狙い

って感じです!

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。