プログラミング学習をルーティン化すると捗る

プログラミング勉強

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

プログラミング学習を独学で続けるのはなかなか厳しいです。

結果もそう簡単に出るとは限らないし、一定の成果が出る前に継続学習を辞めてしまうパターンが多いみたいです。

それを防ぐためにプログラミング学習をルーティン化するのが良いと考えます。

  • プログラミング学習を、ルーティン化する方法

 

プログラミング勉強をルーティン化する

 

  • 今現在プログラミング学習を始めている人
  • 今も継続中の人

 

どちらでもいいんですけど、とりあえず今やっている作業を、例えば●●をやるとか作業内容についてやることを明確に決めた方がいいです。

決まっているならいいんですけど、今日は○○やろうかなーとかふわっとした感じだと、たぶん、それだと頭に入らないし、迷ったりする可能性もあるんですよね。

だから例えば、

  • 今日から一週間は JavaScript だけ勉強する
  • 今日から一か月間はHTML,CSSだけ勉強する

とかそういう感じですね。

やることが明確化されていると勉強が捗る

今日の勉強はJavaScriptだけ!、とかそういうふうにもう最初から決めてしまいます。

細かい内容は任せますが、今日はインプットだけとかアウトプットだけとかそういう風にも最初から予定を組んでしまうわけです。

 

予定を組んだらもう後はその通りに実行するだけ。

 

仕事が終わって家に帰ったら、メインでやることはそれだけやるみたいな。

これだと継続できるかどうかわからないので、例えばここに発信を加えてみます。

プログラミング学習したことを発信してみる

 

ぱぺまぺの場合でいえば、例えばブログやTwitterなどで今日はこういう感じでやりましたみたいな学習ログを発信したりします。

 

Twitterだとこんな感じ。

ブログでは週に1回ぐらいはTwitterで言ったことをまとめたりはしていますけどね。

大したことは言ってないんですけど笑。

 

そこに可能であれば日数もしくは勉強時間を入れたりすると効果的です。

数字がだんだん増えてくるとやる気になった感が出ますので。

 

例えば、

  • 今日は1時間勉強し、累計で○○時間勉強しました
  • 勉強継続●日目

そんな感じですね。

 

ぱぺまぺの場合だと今現在約260日目という感じでやってますね。

自分でブログを持っていないならばTwitterでもいいです。

昨日は何やりましたとか今日はこれを勉強しますみたいのでOKです。

 

なぜ発信活動するのかというと、一つの宣言みたいなものです。

その宣言を、だれか読むわけです。

 

そうするとサボりにくくなります。

サボり防止のために発信するという感じです。

理想は毎日、疲れたら休むぐらい緩くする

ぱぺまぺも仕事が忙しかったり勉強する時間がないほど疲れが溜まっててうっかり寝てしまった時もあります。

だからそこで勉強継続をゼロしてもいいんですけど、お構いなしに累計でやってます。

結構ゆるい感じです。

 

だから2〜3日に何かの都合で出来なかったとしても例えば3日後に勉強再開しても普通に続きの数字からやったりとかしてますね。

要は、プログラミング学習が身につくまでの習慣化ですね。

 

それだけやると決めて、それだけやる。

そうすると今日の勉強のことはそのことだけ考えればいいわけです。

迷う時間が減ります。

 

後はそこでテキストとか動画学習でインプットメインの勉強をするのか、それとも勉強した内容を使って何か作ってみるとかアウトプット系でもいいんですけど、そんな感じでやります。

仕事が終わったらそれをやる。

で、それをやったら次の日に発信。

もしくはその日に発信でもいいんですけどね。

 

ぱぺまぺそういうルーティンで今もやってまして、結構それが続いてます。

人間が習慣化するまでには3ヶ月とかかかったりするんで、最初はきついかもですがだんだん慣れてきます。

だからぱぺまぺは休憩中とかTwitterで発信とかブログに残し記録を残してますね。

Twitterで発信すればブログをやっていればネタにもできますしね 。

一石二鳥です。

 

これがプログラミングじゃなくて違うもの、デザインとかライティングとか動画編集とか、他のスキルでも活用できる勉強法です。

勉強を勉強と思うと続かなくなるんですよね。

ルーティン化しておけば、継続可能です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。