ロボアドバイザーの手数料は高いと思う

その他投資

スポンサーリンク







ロボアドバイザーという投資手法

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、投資歴が1年ぐらいの超初心者です。

ロボアドバイザーっていうA.I.に投資をお任せするサービスが流行っているみたいですが、ぱぺまぺは利用していません。

今後もロボアドバイザーを利用することはないと思います。

それにはいくつか理由があります。

ロボアドバイザーを利用しない理由

ロボアドは、手数料高い。

0.1%程度の差異で投信を乗り換える世界ですから。

機械にお任せしてほったらかしで投資できる、それがロボアドの魅了的な点なんでしょうが、それだったらインデックス投信でもできますよ。

ロボアドの手数料よりもはるかに安いコストで。

 

ロボアドバイザーの特徴

人工知能に投資をお任せしてほったらかしで運用できるのが大きな特徴です。

サービスによってはリバランスをやってくれます。

各社によって取り扱うテーマや内容、コストが違います。

ロボアドに任せるだけで、各アセットクラス、複数のETFに投資できます。

  • 国内株式、国内債券
  • 先進国株式、先進国債券
  • 新興国株式、新興国債券
  • 不動産
  • コモディティ

などなど。

 

ただ、高いコストを支払っているのだから、その分リターンが高くなるかというと全くそうでもありません。

ぱぺまぺは、普段低コストなインデックス・ファンドに投資しているので、どうしてもコストが気になってしまいます。

なので、ロボアドのコストは、インデックス投信で運用するよりも割高なんで、どうしても手を出す気になりません。

(ウェルスナビやテオなんか最近名前が挙がってるみたいだから、気になるっちゃ気になる)

ロボアドバイザーの種類

投資一任型

  • 楽ラップ
  • マネラップ
  • ウェルスナビ
  • テオ
  • マネックスアドバイザー

投資一任型は、アンケートなどに答えて人工知能がその人にあったポートフォリオを提示し、マッチングすればそのポートフォリオの運用を人工知能がやってくれます。

有名なウェルスナビはここに分類されますが、初期費用が高いです。

10万円ぐらいですかね。

手数料は1%です。

ちなみに、テオは1万円からできます。

ほとんどがトータルコストが1%程度です。

主なファンド推奨・アドバイス型

  • 松井証券・・・投信工房
  • FUND ME
  • SBI-ファンドロボ
  • fund eye
  • 投信ロボ

アドバイス型は、アンケートに答えて、証券会社が取り扱っている銘柄の中から選定し、比率も決めて提示します。

こちらは無料でできます。

あくまでアドバイスの範疇ですね。

投資初心者でどのファンドを買ったらいいか、どういう比率で投資したらいいか、悩む人は需要があります。

シリーズ連動型

  • つみたてNISAロボ・アドバイザー
  • ポートスター
  • カライス

こちらは、各社が推しているシリーズ(例:たわらシリーズなど)の中からアンケートなどで銘柄を選ぶものです・

まとめ

ぱぺまぺはもともと資金力がないので、今でいっぱいいっぱいです。

これ以上投資先を分散する余裕がありません。

似たようなことをインデックス投信でできるなら、あえてコストが高いロボアドを使う必要はありません。

信託報酬1%差でもバカにすることなかれ

2018年9月5日

ロボアドが提示するポートフォリオは、参考にはしますがね。

ただ、高いコストを支払ってでもほったらかし投資がしたい!

もしくは、インデックス投信ではできない投資先にも投資できる点に魅力を感じるなら、ロボアドもいいと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。