不動の精神、鉄の心を持とう

投資話

スポンサーリンク







投資の継続に必要なコト

どうも、ぱぺまぺです。

投資の継続には、ある程度のいい加減さは必要です。

いきなりですけど自分の資産が次の日の朝目覚めたら、40%以下になってたらどうします?

かなり動揺しますよね。

100万円あった資産が40万円になってるわけですよ。

ぱぺまぺの場合、これから先10~30年ぐらい投資を続ける予定ですが、その間に何回も〇〇〇〇・ショック!だとか、〇〇〇・バブル崩壊!みたいなことはあると思います。

米国株は右肩上がりで成長を続けていますが、それがいつまでもは続きません。

 

※SBI証券より

上記は、米国の有名な指標であるNYダウ指数のチャートです。

途中の上がり下がりがあるとはいえ、おおむね右肩上がりですね。

これがいつまで続くかは分からないし、めちゃめちゃ直滑降に下るかもしれませんし。

 

そう、ある日突然、何の前触れもなく大暴落するかもしれません。

米国がコケたら、世界中の市場にも影響が出るでしょう。

そういうときは株式だろうが債券だろうが全部暴落するもんだと思えば気が楽です。

いろいろ分析したりするのも大切だと思うけど、おっこちればみんないっしょ

ただし、上がればいつか下がるし、下がればいつか上がります。

それを忘れないようにすれば、なんてことない「ただの現象」だと思えばいいと思います。

暴落時にできること

2018年10月12日

 

投資で生活しているような、それこそ一日中パソコンでチャートとにらめっこしているようなデイトレーダーはともかく、それ以外はさほど神経質にならなくてもいいような気がします。

あ、今日は下がったんだ、ふ~ん。

おっ、昨日よりちょっと上がってるやん!

とか、そんな感じでぱぺまぺは自分の運用状況を眺めています。

チラ見する程度です。

超絶いい加減です。

でもそれぐらいの感覚でやるのが長続きするコツだと思います。

一日中、株や投資のことを考えているわけでもありません。

いちいち気にしていたら、疲れちゃうので。

資産形成が目的

投資はあくまで資産形成のためのツールの一つであって、投資が目的はないんですよね。

資産形成が目的であって。

そして、長期的に、分散投資。

それが投資の王道かな、と。

長いスパンで考えるのだから、直近の上がり下がりを気にしていたらダメです。

投資をする目的

2018年12月19日

 

暴落気にしない

ぱぺまぺは、投資歴が浅いので偉そうなことがいえません(上で言ってる)

リーマン・ショックもニュースで見てた程度で実際に自分の資産が減っただとかいった体験というか経験がありません。

ここでこんなこと言っていますが実際そのときになったらぱぺまぺの精神がどうなっているかは分かりませんが。

 

ただ、重要なのは投資の世界から退場しないことです。

 

退場してしまっては、取り戻せたかもしれないものも取り戻せないからです。

暴落したものは、いずれまた戻ります。

それさえ忘れなければだいじょうぶ。

バイアンドホールドをひたすら続ける!

ただそれだけです。

不動の精神、鉄の心を持つのです。

まとめ

  • 落ちることもあれば昇ることもあることを忘れない
  • 暴落は一時的なもの
  • 淡々と続けること

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。