収入と支出の把握の重要性

保険&節約

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはカンタンな家計簿はつけています。

 

家計簿をつける目的は、主には支出の把握ですね。

収入はほとんど把握しているので。

 

収入も大事ですが、出口の部分、つまり支出の把握をすることも大事です。

 

3ヶ月に1度家計簿つけて、支出をざっくり把握する



ぱぺまぺは、ネットの買い物でクレジットカード引き落としをよくやります。

ちなみにクレジットカード引き落としは、ネットで明細を確認することができます。

 

それでぱぺまぺは、毎日家計簿をつけているわけでもなく、月に一度でもなく、3ヶ月に1度という超ざっくりしたものです。

昔は毎日つけていたんですが、、、超めんどくさいです!!

 

  1. 毎日家計簿つける
  2. めんどうくさい。頻度伸ばそう
  3. 1ヶ月に1度、家計簿つける
  4. めんどうくさい。頻度伸ばそう
  5. 3ヶ月に1度、家計簿つける

 

こんな感じで今きてます。

 

毎日やるとなによりも大変だし、社畜している間は自分のやりたいことに時間をなるべく使いたいので、毎日つけるのはやめたんです。

支出の把握は、大きな出費がなければ、3ヶ月に1度くらいでいいかな、と。

※あくまでもぱぺまぺの場合です。

 

毎日はムリでも、週に1回、月に1度でもいいです。

ざっくりでいいので支出の把握、家計簿をつけましょう。

 

家計簿つける頻度は少なくていい場合

マイクロソフト

大きな出費もなく、大きな収入もなければ、月に1度とか2~3か月に1度で十分です。

大きな収入・支出があったらその都度つければOKです。

 

ぱぺまぺは月に1度の給料をもらったら、事前に用途と金額を決めていたのでそのぶんに振り分けるだけです。

3ヶ月に一回、メンテナンスのごとく自分の資産チェックする意味をこめて家計簿つけます。

 

給料もあがらないし、特段大きな出費もしないので変化ないんですよね。

投資もやっていますが、基本的に毎月決まったように決まった額が引き落とされるだけなので、超予定どおりです。

 

月額で引き落とされる生命保険料等も基本的に変わらないし。

 

なので、家計簿をつける頻度が少なくてもいい場合は、

  • 収入・支出の変化が少ない

 

に限られます。

 

毎日つけろとはいいませんが、せめて給料が入るタイミングぐらい、つまり月に1度ぐらいはつけましょう。

 

家計簿をつけ始めたそもそもの理由

リバランス

そもそも家計簿をつけようと思ったのは、クレジットカードで買い物しすぎたからなんですよね。

ネットでカードつかって買い物してると、なんとなくお金を使った感覚にならなくてついつい買い物してしまうんですよ。

 

それである日、明細みたら、なかなかの金額が・・・。

そのとき以来、支出はちゃんと管理しようということで家計簿つけ始めました。

 

ネットでの買い物を控えたくて、あえて毎日家計簿つけてましたね。

そうすると、自然と金額把握するようになるので、ムダ買いとか衝動買いなくなりましたね・・・。

 

ついつい買い物しすぎちゃう!という人は、ちょっと厳しいかもしれませんが、自分を戒めるために毎日家計簿つけるのもいいかもしれません。

まあ、ぱぺまぺの場合がそうだったというだけで、他の人はそうじゃないこともあるかもしれませんが。

 

モノは試しということでやってみてはいかが?

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。