収入源が会社のみというリスク

たまに、雑記

スポンサーリンク







収入源が一つしかない = リスク

どうも、ぱぺまぺです。

収入源が会社からもらえる給料のみって怖いと思いませんか?

ぱぺまぺは、超怖いです。

ある日突然、会社が倒産したらどうでしょうか?

もしくは徐々に業績が悪化し、従業員も次々辞めていき、まるで真綿で首を絞めるがごとく、会社が傾いていって・・・みたいな。

 

知人の話ですが、知人がとある会社に入社したころ、その会社は人もいて仕事もあって、それなりに賑わっていました。

ところが、ほんの2~3年の間に状況が様変わり。

徐々に業績が悪化し~のくだりのようになってしまったのです。

その知人はそうなる前にその会社を辞めてしまいましたが、その判断は正解だったようです。

 

実際その会社は倒産間近という噂です・・・。

 

安泰のように見えた会社もいつか、ある日状況が変わってしまうのです。

それって怖いことですよね。

我々のような勤め人は、収入源がそこしかないとなると余計に、です。

どうなるか分からない会社のために、時間も浪費したくはありません。

会社のために時間を浪費したくない

2018年12月12日

 

勤めていた会社が倒産したらその対策は?

  • 貯金と節約
  • 副業、副収入を得る

 

なによりもまずは、貯金と節約ですよ。

 

貯金と節約する体質を普段から身につけておくことが重要です。

これは会社の経営がやばかろうがそうでなかろうが、実践するべきです。

 

万が一、辞めたあと次の就職先が見つからないかもしれませんからね。

 

会社が倒産しないようにするのがそもそも大事ですが、一個人ができることには限界があります。

自分があずかり知らぬところで状況が悪化している場合は対策の建てようもありません。

今の会社がだいじょうぶなうちに、副業・副収入を得られるように今からでも仕組みを構築しておくことが大切です。

とはいえ、勤め人であるうちはなかなか忙しくて仕組みを構築したくてもできないのが現状だったりします。

 

しかしだからといって諦めてしまっては現状は何も変えられません。

ちょっとずつでもいいから「やってしまう」のです。

スペックもスキルもないけど、できそうな副業ってある?

2019年1月19日

 

時間がなくてもできる副業・副収入をつくる

時間がなくても勝手にチャリンチャリンとお金が入ってきたらうれしい。

そんな仕組みを作りましょう。

 

  • 株式投資
  • インデックス投資
  • 配当収入
  • ブログ等の広告収入

 

現状のぱぺまぺの場合で考えると、これらが副収入です。

しかし実際は、配当収入は雀の涙だし、広告収入もまだ給与をカバーできるほどではまったくといっていいほど足りません。

株式投資やインデックス投資は数十年後に使う資産形成目的なので、途中で売却や解約等をしない限り手元に資金はきません。

 

あと、時間もないけどお金もないのでなるべく初期費用をかけたくありません。

そういう意味では、100円から投資できるインデックス投資は初期費用の問題はクリアされます。

ただ、インデックス投資は資産運用の面が強いので、毎月お金は入ってこないという問題があります。

少額で株式投資で、かつ、配当金ももらえるということなら、ワンタップバイで投資を慣らしてみるのはどうでしょう?

 

配当再投資戦略 One Tap Buy編

2018年11月21日

こちらは1000円からできます。

 

上記以外にも副業・副収入がほしいところです。

そこはいろいろ検討中です。

複数の副収入源を持つと安心

メイン収入となる労働収入≒複数の副収入

こういう感じになるとベストですかね~?

ぱぺまぺ自身も、まだまだ道は遠いですけどね・・・。

 

結論としては、収入源一つだけに頼るのはよくないです。

いざとなったら自分を守れるのは、自分しかいませんからね。

 

収入源複数化対策

  • 副業・副収入の仕組みを構築する
  • 副業・副収入は、一つだけでなく複数もつようにする

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。