定年後と年金もらうまでは、金融資産を取り崩す

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、将来年金と貯金だけでは食べていけないとマジで思っているので、投資を始めました。

年金の代わりに投資を、というわけではなくて、貯金と年金だけでは合わせても足りなくなるような気がしたので、今日も明日も投資やってるわけです。

 

いちおう、定年後に投資を辞める予定ですが、そのときに年金の受給年齢が大幅に引き上げしている可能性もありえます。

その場合は、定年まで貯めた貯金と投資の金融資産を取り崩して間に合わせます。

 

投資の目的は、老後のため

ぱぺまぺは、2019年11月時点でまだ30代なので、定年までざっくり30年ぐらい時間があるのでいいんですけど、いざその時がきたときのことを考えなければなりません。

 

おそらくですが、ぱぺまぺがそのころになる時には年金をもらう年齢が引き上げられている可能性が高いです。

今現在は、65歳ですが、それが70歳とか75歳とか。

 

そういう可能性も考慮しないとです。

年金を支払っている人が年々減ってきていると、、、。

 

少なくとも今より良くなる未来が想像できないですよね、悲しいことに。

 

ぱぺまぺは、一般的な定年に達したらメインの仕事は辞めたいと考えています。

それ以後は、まあ副業的なことでもして小遣いぐらいにはしたいですがね。

 

とにかく、

  1. 仕事辞める(~65歳)
  2. 年金もらう(65歳~)

 

とかだったらいいんですけど、これが、

  1. 仕事やめる(~65歳)
  2. 年金もらう(例:70歳~、75歳~など)

だと、数年ぐらい年金もらうまで期間があいてしまうわけですね。

 

最初のパターンだといいんですが、後者のパターンだと貯金だけだったらキツイですね。

 

ただそうなるかは今のところわからないので、いちおう備えておきます。

そのための投資、というわけです。

 

ぱぺまぺは定年を迎えた後も生活費に困って毎日8時間労働、とかしたくないです。

イヤです笑

 

そうならないようにするために、定年後~年金もらうまでの間を埋めるための資金として、金融資産を取り崩します。

どちらにしろ、仕事辞めたら投資の種銭となる収入源がなくなるので、投資は辞めますが。

 

まあ、そのために投資をやっていたわけですから、役目を果たしてもらいましょう笑

くれぐれも、投資をやるために投資をやっている、と勘違いしないように。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 




応援クリックよろしくお願いします。