投資しないで将来に備えるのが怖いので、投資やろう

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資をしないで将来備えられるか、というとぱぺまぺは正直怖いです。

もちろん、投資なんかやらなくても十分にやっていけるだけの収入と資産の持ち主であればいいですがね。

 

ぱぺまぺはそうではないです。

その辺の、一般的な社畜会社員であり、なんなら地方の底辺会社員です、、、。

 

怖いからこそ、貯金と年金だけ以外にも備えとして投資をしているわけです。

 

投資だけしておけば、安心というわけではないです。

ぱぺまぺの周りでは、ギャンブル、お酒、タバコに明け暮れて、貯金もろくにしないでやっている人たちがけっこうな割合でいます。

 

そういう人たちは、将来のこと考えているのかなとか、他人事ながら心配になってきます。

生き方は人それぞれです。

他人の心配をしている場合ではないんですが、まあリアルでそういう人がいるので気にはなりますね。

 

他人とはいえ、リアルな知り合いだけに、まあ心配といえば心配です。

 

投資を年金の代わりに、というわけではありません。

年金と貯金と、併用です。

 

ぱぺまぺのように収入があんまりないようなら、あらゆる手を尽くして備えておくべきです。

 

年金と貯金と投資は併用して備える

  • 給料が低いので、貯金だけではたかが知れている。
  • 年金は、もらえるかわからない。
  • さらに年金は、もらえる額は少ないので、年金だけでは足りない。
  • 投資は、元本が保証されない。

 

定年近い知り合いがいるのですが、年金に期待しているみたいです。

ただ、蓄えをあんまりしていないようなので、年金と蓄えで悠々と老後を過ごす、というのは不可能です。

 

その知り合いは、年金もらいつつバイトなりパートなりしながら老後を暮らすことになりそうです。

 

もしくは、生活保護とか。

年金だけに頼ると、そういう生活になるいい例です。

 

年金は、ぱぺまぺがもらうころには減額されたり、需給年齢引き上げなっているかもしれないし、ちょっと年金に関しては、心配です。

 

もちろん投資も、将来のことは不透明ですが、何もしないよりはよっぽどいいです。

 

少なくとも投資をしないでやってきた人間が、ぱぺまぺの親世代なので、既にそれは充分すぎるほど例を見てきています。

 

だから、年金と貯金だけでもまだ足りない。

 

親世代がやらなかったことをやって将来に備えるのです。

先の話すぎて不透明だからこそ備える

将来に備えるといっても、ぱぺまぺの場合はあと30年先の話です。

まだまだ時間はあります。

人によっては10年だったり20年だったりするでしょうが。

 

長いようで短いです。

ぱぺまぺの感覚的に、この前新年を迎えたと思ったらあっという間にまもなく1年が終わる感じです。

ほんと時間はあっという間なんですね、あっという間に過ぎる・・・。

 

その時間をムダにしないためにも、投資も貯金もそしてうまくいけば年金も、という感じで うまく回して将来に備えていきたいですね。

 

当たり前すぎて当たり前のことしか言っていませんね笑

ですが、できていない人もいるでしょうから今からでも備えましょう。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。