投資をはじめるための準備とは

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資を始める前の準備といいますか、それに必要なのは、

  • お金
  • 投資を継続してやる気持ち

だと思います。

 

片方は精神論というか根性論?みたいな感じですね。

 

お金のほうですが、当然ながらタダで投資することはできませんので、お金は必要です。

投資するのにお金は必須だが、大金である必要ないです

投資の種類にもよると思いますが、

  • 個別株投資
  • ETF投資
  • FX

このあたりになると、まとまった資金は必要になるかもです。

FXに関しては、ぱぺまぺはやっていないのでたしかなことはいえないのですが、、、

 

個別株投資、ETF投資は1口あたりの価格が決まっていますので、まとまった資金が必要です。

配当金再投資戦略を実行していくのなら、高配当株式・ETFに投資する必要があります。

 

ただ、最初のうちはもらえる配当は少ないので、ある程度の配当金が欲しければやはり少しずつ投資して株数の積み上げをしていかなければなりません。

そのために、まあまあのお金は準備しておいたほうがいいでしょう。

 

投資信託であれば、こちらは最低100円からできるので、お金がなくても投資することはできます。

 

なので、収入が少なくて収入から投資に割り当てられる金額が少ない人は、投資信託から始めるのが良いです。

現にぱぺまぺもそうしています。

 

投資信託は、場合によっては個別株やETFよりも儲けることができないし、なんならETFよりも投資コストが高いです。

さらにいうと、2~30年後も今ある投資信託全てが生き残っているかどうかも分かりません。

 

そんな投資信託ですが、少ない資金から投資を始めることができる、というメリットはあります。

 

ぱぺまぺは、昔投資を始める前ですが、投資をやるには大金が必要だと考えていました。

100万円とか、、、、

 

まあ投資をやるのであれば資金が多いのはいいに越したことはありません。

いざ投資をやるかと思い立った時に、まず投資資金をまず集めなければならないのか、というハードルがあると思っていたため躊躇していました。

 

ただ、投資商品によってはそこまで資金が必要ないなことに気づきました。

それが投資信託なんですけどね。

 

投資信託であれば、毎月の給料からムリのない範囲の金額で、まるで固定出費のごとく投資することができます。

そういうわけで、やる投資商品によって大金は必要ありません。

 

「継続すること」は、意外と必要な精神論?

投資をするのにお金も必要ですが、投資を継続すること、継続性も重要だと考えます。

ちょっと精神論みたいな話になってしまいますが。

 

明日遊ぶお金が欲しいだとか、そういう目的で投資をやるのであれば、それは投資ではなくギャンブルをやればいいでしょう。

投資はどちらかといえば、直近の未来で使うためではなく、もっと先の未来で使うためのお金を、今から育てておく感じです。

 

ただそれには多少時間がかかります。

だから、ある程度継続すること、継続性が大事になってきますね。

 

2~30年投資を続けるとして、その間に値が上がったり下がったり、投資商品の新商品が出たり、いろんなことがあると思います。

 

もしくは人生の転機とかその逆のこととか、お金が必要になってくるライフイベントも避けては通れないでしょう。

 

そういうのも全部乗り越えて、投資を継続していく。

だから、お金と同様に必要になってくるものだと思います。

 

とはいえ、実はそんなに身構える必要もなくて、投資を淡々とやっていけばいいんです。

 

毎月もらう給料から、ムリのない範囲で投資資金を捻出し、まるで固定出費のごとく商品に投資していきます。

 

実際は固定出費と書きつつも、本当は出費じゃなくて自分の懐を育てるための投資ですがね。

 

その固定出費が、数十年後には大きな利益になって戻ってくるかもしれません。

残念ながら将来のことは保証できないので、投資は確定的なことはいえないですけどね。

 

というわけで、投資を始める前の準備として必要なものは大金じゃなくてもいいし、継続性もある程度は必要なのかなと。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。