投資を始める前と後で自分が変わったこと

投資のヒント

スポンサーリンク







意識の変化

どうも、ぱぺまぺです。

何かを新しく始めようと思うとき、中々行動に移せないときってあると思います。

そうでない人も中にはいるでしょうが、ぱぺまぺは重い腰をあげてようやく投資の世界に足を踏み入れたわけであります。

当記事を特に読んでみてほしい人

  • 投資を始めたばかりの人
  • 投資に興味がある人

投資の世界へようこそ

投資の世界に入ってからなんとなく意識が変わったことがあります。

〇 投資をする前

  • 貯金と節約、年金だけでは将来食っていけないかもという不安
  • いつ終わるか分からない奨学金の支払い
  • この先の急な多額の出費を強いられる状況に耐えられるかという不安

〇 投資をしてから

  • 貯金+節約+運用という方法を知ったこと
  • 長期積立すなわち長期で物事を考えるということ

かつて貯金と節約だけで生きていました。

投資というのは、言葉では知っていたけれどなんだかよくわからない、アヤシイ世界だと思っていたからです。

というのも、投資=ギャンブルという思いが強かったからであります。

ぱぺまぺはギャンブルをしません。

かじったこともありません。

ハマるのが怖かったからです。

パチンコに給料のほとんどをつぎ込んで日々を苦しい生活で送っている人を近くにいたからというのもあります。

自分はこうはなるまい、と。

ただ、貯金と節約だけで将来心配なく過ごせるかどうかも疑問でもありました。

いつ終わるか分からない奨学金の返済もあったし、追納分の年金もありました。

この二つに関してはなんてことはない、いずれ終わるもののはずなのに、いつまでも終わらないような感覚がありました。

積立投資は10年、あるいは20年もしくはもっと年数をかけて資産形成をしていきます。

この長期で物事をするという考え方を知りました。

そんなに焦ることないんだな~と。

いずれ終わるものなんだな~と。

なんというか、心の余裕みたいなのが生まれたような気がしたのです(笑)

それでなんだかんだ、奨学金は返済があと2~3年以内に終わります。

繰り上げ返済をしつつ、なるべく早く投資資金に回したいです。

もっともっと、お金に働いてもらいます(笑)

お金に働いてもらう=運用する方法

運用するという方法でなら、わずかしかない資金を増やせるかもしれない

少ない給料でも、できるかぎり貯金と節約だけはせこせこやってきていたのでその資金を投資に充ててみようと思い立って、それが今でも続いています。

もうなんですかね、以前は服を買うにしろ物を買うにしろ、節約を意識していました。

それが今は、何か買おうとするとき、これを我慢して投資資金に回してもいいよな~と投資のことを考えています(笑)

給料日前、お金が余っていれば以前ならば貯金に回していましたが、今では貯金と投資の両方に回っています。

昔を振り返ると、すごい意識の変化です。

それが、ぱぺまぺにとって投資をはじめてすごい変わったことかな~と思います!

投資を始めてよかったこと

物欲が以前よりも少なくなりました。

それに関連してこんな流れもできてしまいました。

  1. 投資を始めて、物欲が減少。(〇〇を買うよりも投資に回そうという思考)
  2. 物欲減少したので支出が減る。(結果的に節約)
  3. 節約したお金を貯金or投資に回す。
  4. (゚д゚)ウマー

という感じです。

  • 投資を始めたら、無駄遣いしなくなった!
  • 長期で物事を考えられるようになった!

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。