投資を貯金とおもうと続けやすい?

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺはもともと貯金・節約体質でした。

投資に対してはかつてはギャンブル、なんか危ない!みたいなイメージを持っていましたが今はそうではありません。

 

貯金・節約→投資に行くのもなかなか時間がかかりましたがなんとかここまでこれました。

 

やっていて思ったのが、貯金と投資は別物なんですが投資≒貯金と思った方がイメージとしてやりやすいかもしれません。

 

貯金≒投資と思い込む

 

貯金・節約は元本が減らない行為ですが、投資は元本は減る可能性があります。

だから、お金がないぱぺまぺとしては最初は投資に対して悪いイメージを持っていたんです。

 

積立投資、複利、投資信託、ETF、、、

 

様々な投資手法や商品を知っていくうちにまあそういうのもただの思い込みだと いうことには気づきましたね。

変に欲をかかず、やり方を間違えなければ。

 

投資と貯金は別物ですが、ぱぺまぺは銀行の口座にお金を入れるがごとく、投資をしています。

投資はお金が増えたり減ったりしますが、ここで減るのがイヤだからといって投資をやらない、というのもちょっと・・・。

 

たしかに始めたばかりではマイナスになることも往々にしてあるでしょうが、長期投資をしていけばそのうちに複利でだんだんだんだん含み益が膨らんでいくと思うんですよね。

 

ただ、含み益はあくまでも含み益なので、分配金や配当金が手元にくるわけではありません。

含み損になることもありますがそれは致し方ありません。

 

たしかに貯金だけしていれば元本は減ることはないでしょうが増えるのはなかなか難しいです。せっかく貯まったお金ものも何かで使ってしまいやすいし。

 

投資の場合は、いったい株なり投資信託なり、別なものにかえてしまうのでいきなりお金を使いたいからといってそういうわけにもいかないんですよね。

実際はすぐに現金化できるんですが、まあその手間すら面倒と思う人もいるかもです。

 

しかもさらに現金が欲しくて現金化しようと思った時に、含み損だったら現金化しにくいはず・・・。

マイナスになりたくないという心理が働いて結局現金化せずにそのまま、というパターンもありえます。

 

投資を、投資していると思わずに貯金みたいな感じでやる。

 

銀行口座にお金を入れるように、投資信託、ETFにお金を入れる。

 

現にぱぺまぺそんな感じでやっています。

 

ひとつの思い込みみたいなもんです。

この思い込みを、30年間続けていけばいいだけです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。