投資信託を始めてやったことは?

投資話

スポンサーリンク







投資信託、どれを買う?

どうも、ぱぺまぺです。

投資初心者であるぱぺまぺは、

  1. SBI証券で口座を開き、
  2. 投資信託を買う

というところからはじめました。

f:id:eriu:20180506113653p:plain

どの投資信託を買おうかなとSBI証券で検索すると、

検索結果 2580件!?

どれがいいんですかね!?ってなりました。

ちなみに検索条件なしの場合です。

毎月の投資資金が3~4万円前後と少ないので、どの投資信託を買うか慎重に選ばないといけません。

  • 先進国か新興国か国内か
  • 資産配分はどうするか
  • 手数料はどれくらいかかるか
  • 株式か債券か

それぞれを勘案して、アセットアロケーションを決め、ポートフォリオを組むのです。

なお、投資の世界に踏み入ると日常では触れないような色々な用語が現れます。

正直、ぱぺまぺも当初はなにがなにやらって感じでした(笑)

当記事を特に読んでみてほしい人

  • どの投資信託を買えばいいか悩んでいる人
  • 投資初心者

投資初心者が、投資信託を買うとき検討するポイント

2018年11月13日

アセットアロケーションとは

例えば、アセットアロケーションという言葉がありまして、それは資産クラスにおける投資先への配分比率を決めて投資を行うことです。

資産クラスとは、

日本株式、先進国株式、新興国株式、日本債券、先進国債券、新興国債券、国内不動産、外国不動産などのことで、異なるリスクとリターンの特性を持っている。

例えば、日本株式10%、先進国株式80%、新興国株式10%のようし株式全振りや、

日本株式20%、先進国株式40%、日本債券20%、先進国債券20%、など株式と債券にそれぞれ組み合わせて配分を決めたり、この比率を決きめることをアセットアロケーションといいます。

f:id:eriu:20180506143745p:plain

こんな感じです。ここの比率をどうするかな~っ、よし、こういう比率にしようってのがアセットアロケーションです。

積極的運用で行きたいなら、先進国株式や米国株式100%の比率でアセットアロケーションを決めましょう。

もしそうではなくて、保守的な運用、つまり守りながら運用していきたいなら、株式だけでなく債券を組み入れたりして自分にとって適切だと思うアセットアロケーションを組むべきです。

ポートフォリオとは

ポートフォリオは、アセットアロケーションで決めた比率をもとに、様々なインデックスファンド、銘柄を組み合わせたリストのことです。

投資信託でポートフォリオを組むと例えば、

日本株式→Aファンド、Bファンド

先進国株式→Cファンド

日本債券→Dファンド

先進国債券→Eファンド

のようになります。

ここで、例えば先進国株式インデックスファンドであるCファンドの成績が抜群によかったとしても、日本株式インデックスファンドのBファンドの成績が振るわなかったりすると、せっかくのプラスリターンがマイナスと相殺されてしまったりします。

このプラスマイナスいろいろやっての最終的な結果がトータルリターンです。

このアセットアロケーションやポートフォリオの組み合わせ次第で、将来のリターンが決まります。

いかにこのトータルリターンを増やしていくか。

だからこそここの選定が重要になっていくのです。

積極的にいきたいなら株式重視、守りながら投資していきたいなら債券を組み入れるなどしてみましょう。

コストが安いものを選ぼう

投資信託は、コストが安いものを選ぶのがおすすめです。

投資信託において、かかる手数料というものがあります。それが、

  • 購入時手数料・・・投資信託を購入するときに支払う手数料
  • 信託報酬・・・投資信託保有期間中に毎日かかる手数料
  • 信託財産留保額・・・投資信託から現金に換金するときにかかる手数料

です。

大手証券会社よりもSBI証券やマネックス証券、楽天証券などのネット証券では手数料が安いものが多いです。

購入時手数料が無料の投資信託もあり、それはノーロード投資信託と呼ばれています。

それと運用報告書等にしか書かれない実質コストというのもあります。

これらの手数料のどれかは必ず発生します。

なので小難しいこと考えないで、つまるところコストが安いものを選ぶことです。

先ほどの2580件あった有象無象の投資信託も、投資先を選び、手数料無料、あとはファンドの規模などの条件をつけて検索すれば、数を大幅に絞ることができます。

  • 検索条件で投資信託を絞る
  • コストがかからないものを選定する。

それでも決められないなら、投資ブロガーさんのを参考にする。

投資信託ではアセットアロケーションとポートフォリオが重要です。

どのファンドを選べば正解なのかはわかりませんが、今はネットで投資ブロガーさんのをいろいろ見て参考にするのもありだと思います。

先人の知恵はマネするべきです。

なぜなら、初心者だから。

マネすることは悪いことではないですよ。

だってみんなやっていることですから(笑)

ちなみに参考になるかはわかりませんが、ぱぺまぺのポートフォリオも参考になれば。

投信始めてやったことまとめ

まずはアセットアロケーションを決め、ポートフォリオを構築します。

  • 積極的投資=株式重視
  • 守備的投資=株式+債券

など投資スタイルを決めておきましょう。

そして最低でも

  • 投資信託ではコストが安いものを選ぶようにしましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。