投資資金捻出計画

保険&節約

スポンサーリンク







支出を把握する

どうも、ぱぺまぺです。

投資資金をどうやって月々の収入から捻出するか、ですが。

まず支出の確認するところからはじめましょう。

なにか削れるところがあるかもしれません。

家計簿を付けている人は、家計簿の項目を確認すれば、なににいくら使っているかわかると思います。

つけていない人は、これにお金を使っているなと思うものをあげてみてください。

この支出の把握が大事なんです。

無駄遣いしている人は、案外何にいくら使っているのかつかんでいない人が多いです。

支出項目の例

ぱぺまぺの場合、おおざっぱにですがこんな感じの支出項目があります。

支出品目

  • 給料から天引きされる税金等
  • ガソリン代
  • 携帯電話代(スマホ)
  • 病院代
  • 生命保険代
  • 免除手続き済の、追納分国民年金
  • 奨学金返済
  • 使用クレジットカードの引き落とし
  • その他雑費

この中で少しでも減らせるものはないかと考えます。

病院代

まず病院代は、身体が資本なので体調管理に気を付けるのが一番です。

病院はよっぽどひどいときか、歯医者だけにしています。

(歯の痛みだけは我慢できない(笑))

歯も体調もですが、そもそも健康的に過ごすことができれば、それが一番の病院代節約になります。

病院に通う時間や初診料とかもろもろ節約になります。

奨学金と年金

ぱぺまぺは、免除手続き済みの払っていない国民年金があと2年分ぐらいあります。

それを今になってちょっとずつ払っています。

奨学金や追納分国民年金は、いずれ支払いが終わるものです。

 

奨学金は、まあ借金ですよ。これ。

税金みたいに支払いが永遠に続くわけではないんで、それがせめてもの救いですね。

節約もなにもないので、せめてできることは、一部繰り上げ返済するぐらいですかね。

利息分だけ得します。

 

年金は、いずれ自分に返ってくるものなので、一つの投資商品として見てます。

支払った分は、全額控除の対象なので一月に一回分ずつでもいいから支払うようにしてます。

奨学金という借金の返済計画

2019年1月4日

GPIF版投信・iFree年金バランスで手堅く投資

2018年10月15日

クレジットカードの引き落とし

ネットショップ等で買い物したもの、雑費の部分が含まれます。

なるべく必要なものだけ買うようにしています。

気をつけるべきは、〇〇セールだの、なんちゃら還元祭!だの、今なら対象商品買うだけでポイント〇倍!!みたいなのにつられて買い物しないことですね。

セールとかお得とか弱いですからね、人間。

ぱぺまぺは、リクルートカードと楽天カードを使用しています。

リクルートカードは、クレジットチャージからのnanaco払いで年金を払い、楽天カードは、普段使いのカードです。

クレジットチャージをすることで、税金を払いながらポイント分だけ得します。

楽天カードは、楽天スーパーポイントが入りますので、それで投資信託を買うのに使っています。

クレジットカード+nanacoカードで税金払ってポイントもらおう。

2018年7月23日

楽天証券で、投資信託20銘柄に格安投資する!

2019年1月12日

生命保険

本当に必要なものだけ残し、余計なものは解約してしまいましょう。

ぱぺまぺは、かつて終身医療保険に加入していましたが、これは解約してしまいました。

県民共済は掛け金が安くて庶民の味方かも。

2019年1月1日

さらに、見直して投資に興味がまったくなかったころに契約していた生命保険も解約しました。

生命保険の見直ししました

2018年11月1日

元本割れしてでもいいから解約。

ぱぺまぺ的にけっこう勇気いりましたけど、このままだらだら契約し続けて割高な生命保険代をあと三十年も支払い続けること考えると、ね・・・。

解約した代わりに安い掛け捨ての生命保険に入りました。

この見直しで4~5000円は安くなりました。

その他雑費

飲食代や趣味に使うお金です。

少しでも支出を抑えるならば、

  • タバコやギャンブルはやらない
  • コンビニや自動販売機を毎日利用しない。
  • 衝動買いをしない

これだけでけっこう支出を抑えられます。

また、抑えてばかりではいつか爆発してしまうので、クレジットカード払いで得たポイント等でネットショップで買い物します。

ストレス発散ってやつですね。

ただし、ポイント欲しさに買い物ばかりしていたら意味がないのでそこは注意です。

携帯電話

以前はauのスマホのみ使用していました。

現在は、格安スマホとauの中古ガラホの2台を使っています。

ただし、格安スマホは通話ができない使用で、ネット専用機。

そしてauの中古ガラホは、通話とSMSのみ使用可能で、インターネットが使えません。

(ちなみにカケホーダイです。)

そういうふうにプランを組みました。

auなどの大手携帯電話キャリアは、データ通信費が高いです。

(例:5GBで5000円など)

逆に格安スマホは、ネット専用機にすれば、めちゃくちゃ安いです。

ぱぺまぺは、みおふぉんを使っていますが、3GBで1000円いきません。

携帯電話を用途別に使い分けて2台使用していますが2台であわせて月々の支払い4000円弱です。(2年分割支払い終了済)

かつてau1台のみを使っていたときは、毎月10000円以上支払いにあてていました。

最初は2台持ちとかめんどくさいと思ってましたが、通信費が5000円以上浮いたのは大きいです。

通信費の節約なら、格安SIMで!

2018年12月6日

支出の見直し重要

上記の出費項目のうち、投資資金を捻出するためにやったのが下の項目です。

  • 携帯電話代(スマホ)

→大手携帯電話+格安スマホで約5000円捻出。

  • 病院代

→健康的に過ごすことを心掛ける。

  • 生命保険代

→不必要な保険を解約。約2000円捻出。

  • その他雑費

→コンビニや自動販売機の使用を控える。

これだけで少なくとも7000円の余裕資金が生まれました。

特に通信費はけっこう効いてきます(笑)

 

資金捻出

  • 自分の出費を見直す
  • 削れるところは例え少額でも削る!

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。