月1万円の節約は、月1万円の給料アップに等しい

保険&節約

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはあいかわらず社畜している毎日で、特段給料もあがりません。

 

収入を今すぐあげるには、副業するか節約するしかありません。

節約は、厳密には収入ではありませんが。

 

例えば月1万円の節約は、月1万円の収入アップに等しいです。

 

 

結論的には上記のツイートのとおりで、節約をちょっとだけがんばれば収入アップにつながります。

 

節約をちょっとだけがんばると収入につながる

当ブログでも何度もいっていることですが、節約は結構バカにしたものではありません。

支出を抑えれば、当然使えるお金が増えるので実質的に注入アップと同じ効果が得られます。

 

毎日コンビニや自販機で買い物しない、これをやめるだけでも月に使えるお金結構増えると思うんですよね。

 

一番効果があるのは、固定費の削減です。

固定費は、毎月同じ金額の出費がでます。

 

ここを抑えることが重要です。

一度だけ固定費を抑えることができればm後はずっとそのまま継続でいくことができます。

 

これは変動費の場合とは違います。

変動費の場合は、なんというか本人の気分次第でどうとでもなってしまいます。

 

固定費は一度削減すれば意識的復活させない限りは、そのままです。

固定費の削減で具体的にいうと例えば、

  • 不要な生命保険の解約
  • 格安SIM導入

 

このあたりは、取り組みやすいかなと。

携帯電話も生命保険も、意外と加入したまま特にメンテもしないで放置、というパターンが結構多いです。

 

実はもっとプランを見直したり、そんな程度の節約でも収入は増えるんですよね。

プランの見直しは案外安くなるので、一度確認してみるのもおすすめです。

 

もう少し削減しやすいところでいうと、使っていない月額サービスとかありませんかね?

利用頻度の少ないものとか。

 

そういうのも不要なものはどんどん解約していきましょう。

加入したものの使ってなくて、解約するのを忘れたまま、というのもありがちです。

 

どこと契約したか覚えていない、という場合は、引き落としの明細書を確認すればそこにいくら何に使ったか書いてあります。

金額の把握もできるし、こういうのにお金使ったのか、と確認できますし。

 

節約を煽っているわけではない

 

 

 

⬆のツイートのとおりで、ぱぺまぺは節約を煽っているわけではありません。

推奨はしていますがね。

 

もちろんお金は使いたければ使っていいし、お金は使うためにあるわけですから、全然OKです。

ただし自分の管理を超えた支出をするのは良くないです。

後々自分の首を絞めることになりますからね。

 

好きにお金使った後に、今お金がないから、とかいいだすわけです。

自分の好きに生きるのは楽しいですがしかし、お金に余裕がない生活を強いられている人もいます。

もちろん、楽しんだ結果、ですよ。

 

でもそれって逆に苦しくないですかね、とぱぺまぺは思うわけです。

 

というのも、リアル知人にそういう人がいるからです。

 

そうはいっても、節約しすぎてキツキツの人生もつまらないです。

その辺がむずかしいですよね・・・。

 

節約も出費も適度にしつつ生きていくことが必要ですね。

ちょっと大げさな話になってますが、人生長いですからね。

 

1万円節約に成功して、それでいつもより1万円多く手に入れて いつもよりも1万円多くなにかに使っても構わないんですが、

できることならそれも貯金や投資に回すとかもしてもいいと思います。

 

それかせめて半分でもいいから。

残り半分は好きに使ってもいいのでいいでしょうね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。