楽天証券で、投資信託20銘柄に格安投資する!

マイ・ポートフォリオ

スポンサーリンク







楽天証券で複数投資信託購入

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、楽天証券で投資信託20銘柄に100円ずつ投資できるように設定しています。

20銘柄×100円=2000円です

つまり毎月2000円です。

100円で投資できる世の中になってくれたおかげで、ぱぺまぺのように投資資金が少ない投資家でも投資に参加することができるようになりました。

ありがたい話です。

 

楽天証券積立設定・楽天スーパーポイント

そもそもこの設定をするにあたって、参考とした記事を読んだからです。

たわら男爵さん「楽天証券で、同じ投資信託を毎月2回、積立買付する方法

 

まずやり方なのですが、

  1. 楽天証券と連携させると便利な楽天銀行というのがあるのですが、二つを連携(マネーブリッジ)させ、ハッピープログラムに参加します。
  2. エントリーしたら、次は自動スイープ、つまり自動入出金を設定します。
  3. ここまでしたら、あとは楽天証券で投資信託を選んで買います。1銘柄につき毎月楽天スーパーポイントが3ポイント手に入ります。

 

ハッピープログラムとは、楽天銀行を利用している人限定の優遇プログラムのことです。

エントリーすると、取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まります。

また、毎月ATM手数料が最大7回、振り込み手数料が最大3回まで無料になります。

 

楽天証券で買い注文をすると、買付余力が証券口座内に残高があれば、そちらの資金から使われます。

しかし、証券口座内の買付余力がなければ、楽天銀行の預金残高から不足分の資金が自動的に入金されます。

その設定が、自動スイープです。

ぱぺまぺは20銘柄選びました。

この楽天スーパーポイントは期間限定ポイントではないので、100ポイント貯まればこのポイントでも投資信託を買うことができます。

楽天証券100円投資信託群

 保有銘柄分配金コースアセット
1ひふみプラス再投資型日本株式
2EXE-iつみたて先進国株式ファンド再投資型先進国株式
3ニッセイ日経225インデックスファンド受取型日本株式
4ニッセイ日経225インデックスファンド再投資型日本株式
5ニッセイ外国株式インデックスファンド受取型先進国株式
6ニッセイ外国株式インデックスファンド再投資型先進国株式
7楽天全米株式インデックスファンド受取型米国株式
8楽天全米株式インデックスファンド再投資型米国株式
9楽天新興国株式インデックスファンド受取型新興国株式
10楽天新興国株式インデックスファンド再投資型新興国株式
11eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)再投資型日本株式
12iFreeNEXT FANG+インデックス再投資型FANG株式
13SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープン再投資型欧州株式
14野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型再投資型米国株式
15欧州株式指数ファンド再投資型欧州株式
16三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド受取型日本株式
17三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド再投資型日本株式
18楽天・インデックス・バランスファンド(債券重視型)再投資型世界株+債券
19eMAXIS 日経アジア300インベスタブル・インデックス再投資型アジア株式
20ニッセイグローバルリートインデックスファンド再投資型海外リート

ぱぺまぺは、この投資信託群で、どこかの運用会社が低コストな新ファンドを設定し、そちらのほうが良ければファンドの入れ替えを行います。

 

ただし、一応ですがメインとなるファンドは決めておきます。

毎月の100円投資の他に、楽天ポイントが貯まればスポットで購入するメインの銘柄は、

楽天全米株インデックスファンドです。

楽天バンガードシリーズの一つで、米国市場全体に投資する低コストなインデックスファンドです。

 

楽天証券では、インデックスファンドに積立設定をするさいに、受取型か再投資型か選択する項目があります。

この受取型と再投資型をそれぞれ設定することで、一つのインデックスファンドで2種類の買い方を設定しました。

つまり、ひとつの投資信託を毎月2回積立設定したということです。

20銘柄もインデックスファンドがポートフォリオに並んでいると、壮観ですがごちゃごちゃです。

楽天証券の投信選定理由

楽天証券で投資するのは、SBI証券で買っていない銘柄に限られます。

ただし、ベンチマークは同じものを採用している銘柄がほとんどです。

さらに、債券を含んだバランスファンドや海外REITなどメインにならないものや、コストが高く、普通だったら買わないようなインデックスファンドをあえて選択しました。

そのほうが面白そうだからです。

これらのインデックスファンドが、果たして10年後まで生き残っているのか。

それを見るのも楽しみです。

 

この方式で複数投資信託を設定する理由のもう一つあります。

投資してみたいけどメインになりえず、資金も少ない、でも投資したい。

その欲望を叶えてくれます。

 

楽天証券積立まとめ

  1. 楽天証券と楽天銀行を連携させてハッピープログラムに参加。
  2. 自動入出金を設定。
  3. 楽天証券で投資信託を選定・購入。
  4. 1銘柄につき毎月楽天スーパーポイントが3ポイント入手!

 

  • 楽天証券と楽天銀行両方が必要
  • 期間限定ポイントは、投資に使うことができない

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。