積立投資だけでは、リタイヤは厳しい

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、未来のぱぺまぺ、老後のぱぺまぺを助けるために資産運用やってます。

  • 投資
  • 貯金
  • 節約
  • 副業(こちらはできたらいいな)

 

これらを駆使してやっているわけですが、メインでやっている投資で労働から解放されるぐらいの収入は得られません。

 

老後までの投資の基本戦略は、働きながら投資を続ける、です。

 

積立投資で〇〇リタイヤはきびしいかも

 

過去にも似たような記事を書いています。

少額投資家では、配当金生活はムリ。

2019年9月15日

 

ぱぺまぺは、インデックス投資・積立投資をしていますが、それだけでいわゆる、

  • アーリーリタイヤ
  • セミリタイヤ
  • 完全リタイヤ

 

などの、なんちゃらリタイヤみたいなのはムリかなと。

収入が低くて投資をやっている人には残念ですがね。。。

 

いちおう、投資をやっている以上、経済的自由を目指してはいますが、現実は厳しそう。

 

高収入で投資資金もそれなりに回せて、配当金も再投資できて、配当金だけで毎月給料分を賄えるぐらい貰える感じだったら、なんちゃらリタイヤは実現できるでしょうね笑

 

何か大きな転機というか、今の収入状況が大きく変わらないとムリかな。

ぱぺまぺはメインでの個別株投資を辞めてしまいましたが、高配当個別株投資をやっていれば、配当金が入ってきてそれを投資なり生活費に回すということができます。

 

ぱぺまぺがメインでやっている投資信託は、コストは安いですが、

分配金・配当金の類はありません。

 

配当金生活を夢見て投資はしていない

 

とはいえ、経済的自由は夢みてはいますが、配当金生活を夢見て投資をやっているわけではないので別にいいですけどね。

 

仮に配当金だけで生活費を賄えるぐらいになったとしても、なにかしら仕事はやるような気がします。

小遣い稼ぎていどでも。

 

なんちゃらリタイヤを目指すのであれば、インデックス投資ではなく高配当個別株投資をしたほうが早道のような気がします。

 

インデックス投資、積立投資はどちらかといえば、長期的にじっくりと資産形成するのに向いています。

 

特に、投資信託なんかは時間がかかるわけですね。

しかも数十年スパンで・・・。

 

数十年スパンと時間がかかる以上、労働しながら投資を続けていくのが無難ですね。

安定的な労働収入を得て、投資して、貯金と節約もして、消費もする。

 

このループを淡々と30年ぐらいつづければ、ぱぺまぺのように収入低くて投資やってる人でもなんとかなりますよ。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。