米国への投資向け資産運用計画 ETF編

投資話

スポンサーリンク







ETFでまとめて米国株投資

どうも、ぱぺまぺです。

ETFっていろいろ種類があり、どれを買えばいいのよ?ってぐらいあります。

ETFのおおざっぱな概要と代表的なETFをいくつかあげて、選択の参考にでもしてください。

ETFとは

Exchange Traded Funds。

意味は「上場投資信託」です。

ETFの中身は、個別株の詰め合わせみたいなイメージだと分かりやすいのでしょうか。

個別株が、弁当のおかず単品それぞれだとするなら、ETFは弁当それ自体、みたいな。

ETFには、それぞれいろんな特徴を持ったETFがあります。

 

ETFの大まかな種類

  • 株式型ETF、債券型ETF
  • 生活必需品銘柄専門、エネルギー銘柄専門など、セクター系ETF
  • S&P500やNYダウなど指数連動型ETF
  • 先進国、新興国など特定の地域にだけ投資するETF
  • 不動産ETF、コモディティETF

という感じで、いろいろあります。

 

とりあえずETFに投資したい!っていうなら、指数連動型のETFをひたすら購入するのが無難です。

市場全体、市場に投資するわけですから。

そこには、あなたが知っているあの株もこの下部も含まれているのです。

市場全体に投資することで、間接的にそれらの株にも投資していることになる、と。

それぞれ投資する目的やポートフォリオによって最適なETFがあると思います。

人によっては、ETFだけでポートフォリオを組んじゃったりする人もいます。

米国の主なETF

今回はあくまで米国への投資向け記事なので、米国関連の代表的なETFをいくつかあげてみます。

米国の指数連動型系ETF

指数連動ETF

S&P500インデックス・・・米国市場の大型株500銘柄に投資できる

  • IVV・・・iシェアーズS&P500インデックスファンド
  • SPY・・・SPDR S&P500ETF
  • VOO・・・バンガードS&P500ETF

 

ダウ工業株価平均・・・NYダウ30種に投資できる

  • DIA・・・SPDR ダウ工業株平均ETF

 

S&P500もNYダウも米国で有名な指数です。

これらのETFを買うだけで、超有名な大型株にまとめて投資できるわけです。

インデックスファンドと違うところは、なんといっても配当金がもらえることでしょう。

それと、外貨に替えて購入することになるので、円以外の外貨で資産を持つことができることですね。

ただ、いわゆる高配当、というわけではないんですよね。

配当利回りは1~2%と高くありません。

インカムというよりキャピタル、すなわち値上がり益で資産を形成していくのに向いています。

米国の債券系ETF

債券ETF

  • AGG・・・iシェアーズ米国総合債権市場ETF
  • BND・・・バンガード米国トータル債券市場ETF

米国の債券市場に投資できるETFです。

投資初心者であるぱぺまぺには、この二つの明確な違いが分かりません。

ポートフォリオのリスクを抑えるために、債券に投資するのもありです。

米国のセクター系ETF

セクター系ETF

  • VOE・・・バンガード米国エネルギーセクターETF
  • VFH・・・バンガード米国金融セクターETF
  • VPU・・・バンガード米国公益事業セクターETF
  • VCR・・・バンガード米国一般消費財セクターETF
  • VDC・・・バンガード米国生活必需品セクターETF
  • XLV・・・iシェアーズ米国ヘルスケアETF
  • VGT・・・バンガード米国情報技術セクターETF

各セクターの代表的なETFです。

バンガード社やブラックロック社それぞれ出していますが、大きな違いはそれほどありません。

せいぜい銘柄数や構成銘柄が少し差異がある程度です。

S&P500のETFだと情報技術セクターが多めなので、それが嫌な人は、上記のセクターETFの中からいくつか選んで投資したりする方法もあります。

例えば、過去成績が良かったセクターのみでポートフォリオを組む、なんてこともできるわけです。

米国の「配当」特化ETF

配当特化ETF

  • PFF・・・iシェアーズ米国優先株式ETF
  • HDV・・・iシェアーズ米国高配当株ETF
  • VYM・・・バンガード米国高配当株式ETF
  • DVY・・・iシェアーズ好配当株式ETF

こちらは、指数連動のものと違って配当利回りは高いです。

すべて3%超えです。

高配当個別株投資が難しいと思うなら、高配当なETFだけそろえる戦略もとることができます。

初心者向け?のETF

SBI証券においては、米国ETFは135銘柄買うことができます。

コカ・コーラもほしい、エクソンモービルもほしい、フィリップモリスもほしい。

どれがいいかわかんないから、とりあえず大型株をいっぱい買っとけばよくね?

っていう人は、S&P500ETFを買うとよいです。

米国の大型株500銘柄にまとめて投資できるからです!

ぱぺまぺは、S&P500指数に連動するETFで購入しているのはVOOです。

なぜなら、この三つの中で一番一株あたりの単価が安いからです!!

安いから悪いのかというとそういうものではなく、この三つの中で一番新しく出たからです!

ETFは個別株と比べると一株あたりの単価が高かったりするので、毎月一度にまとめて買えないと手数料負けしてしまいます。

そういうときはNISA口座を使って購入するといいです。

SBI証券においては、NISA口座でETFを買うと買付手数料だけ無料になります。

 

ただ、ぱぺまぺは2019年現在、つみたてNISAでメインの投信の運用をしています。

つみたてNISAでは、ETFは対象ではありません。

なので、どうしてもETFを買いたいならば、特定口座での運用になります。

先ほど述べた、手数料負けしない程度にドルを貯めて、まとめて買うことになります。

 

投資資金が少ないぱぺまぺは、がんばってもVOOを毎月1株ずつしか買えません。

 

大きく儲けることはできませんが、コツコツとちょっとずつ資産形成するならETFを買うという戦略をとっています。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。