米国集中投資向けの資産運用計画 インデックスファンド編

投資信託

スポンサーリンク







米国へ投資する方法

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺの中では、資産運用の方法として米国株式をメインに投資するというのが結論になっています。

米国株式に投資するというと、

  • 米国メインの投資信託を買う。
  • 米国の株式投資をする。
  • 米国ETFに投資する。

が挙げられると思います。

初心者が最も手を出しやすくしかも少額から始めやすいのは、投資信託を買うことです。

米国に投資できる投資信託、つまりインデックスファンドですが多数あります。

 

米国向け投信分類

  • 米国に集中投資しているインデックスファンド
  • 米国を含めた先進国に投資できるインデックスファンド
  • 全世界に投資していて、間接的に米国を含んでいるインデックスファンド

超ざっくりわけると、上の三つぐらいに分類されますね。

 

米国集中型インデックスファンド

米国市場全体に投資するVTIというETFの楽天版投信。

  • 楽天・全米株式インデックスファンド

S&P500に採用される500社よりも幅広く投資しています。

米国の、小型株から中型株、大型株に分散投資することができます。

楽天版VTIは、米国市場全体に投資できるインデックスファンド!

2018年11月10日

 

米国株式の中で、特に配当利回りが高いものに投資するETF「VYM」の楽天投信版。

  • 楽天・米国高配当株式インデックスファンド

高配当戦略をやりたいけど、資金がない投資家には投信版がおすすめです。

楽天版VYMで高配当株に投資する!

2019年1月13日

 

米国市場の中でも、選ばれた500銘柄に投資できる

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

コカ・コーラやマクドナルドなど有名な大型株にのみ分散投資します。

S&P500にほったらかし投資ならeMAXIS Slim米国株式(S&P500)!

2019年1月19日

 

米国の有名な指数、NYダウ30種に投資できる。

  • iFreeNYダウ・インデックス

こちらも有名な企業がそろっていますが、S&P500指数よりは銘柄数は少なめ。

iFree NYダウ・インデックスは米国優良30社の集まり

2019年1月28日

 

これぞアメリカという、情報技術セクター勢揃いのいわゆるFANG株式に集中投資できる投信。

  • iFreeNEXT FANG+インデックス

投資銘柄はなんとたったの10銘柄!

上記のダウ30種よりもさらに少ないです。

流行りのFANGハイテク株に投資できる投信

2018年10月25日

 

米国の、金融セクターを除いた時価総額上位100銘柄に絞って投資するQQQというETFがあるんですが、その投信版。

  • iFree NASDAQ100インデックス

こちらもアップルやらアマゾン、マイクロソフトやアルファベットなど超有名な銘柄に投資できます。

iFreeNEXT NASDAQ100は、米国ETF「インベスコQQQ」版投信。

2019年1月5日

米国メインの先進国型インデックスファンド

MSCIコクサイインデックスという、国別構成比率が約60%米国のベンチマーク採用のインデックスファンド

  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • ニッセイ外国株式インデックスファンドなど

こちらは、米国を多分に含んでいる一方で、その他の先進国、欧州などに投資できるという特徴があります。

日本ではなぜかこのベンチマークを採用したインデックスファンドが多いですね。

日本は、含んでいません。

米国以外のリターンが優れない地域・国にも投資することになります。

最安コストで先進国投資するならこのインデックスファンド!

2018年11月4日

全世界株式型インデックスファンド

全世界に投資していて、間接的に米国を含んでいる全世界型インデックスファンド

  • eMAXIS Slim全世界株式(日本含む)
  • 楽天・全世界株式インデックスファンド

新興国も含んでいます。

日本を含めたり含めなかったりもあります。

全世界に投資すると、やっぱりリターンのよくないところにも投資するので、パフォーマンスは下がります。

楽天版VTで世界中にらくらく投資!

2018年12月28日

eMAXIS Slim全世界株式で、日本を含んだ全世界にまとめて投資。

2018年10月18日

投資方針とベンチマークの選択

これらのインデックスファンドを買うだけで、日本にいながらにして米国や世界に投資できます。

しかも少額で。

上にあげたインデックスファンドはほとんど低コストのものばかりです。

また、分配金も出ないでファンド内で再投資が自動的に行われるのでとても楽ちんなのです。

米国に集中投資したいなら、米国集中型インデックスファンド。

米国だけじゃ不安な人は、米国を含む先進国型インデックスファンド。

先進国だけじゃなくて他にももっと分散投資したい人は、全世界型インデックスファンドがおすすめです。

 

ぱぺまぺは、米国に投資することが、ある意味で世界中に投資していることと同じだと考えています。

米国集中型のインデックスファンドに比重をおいて投資を行っています。

だからマイ・ポートフォリオには、

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • 楽天・米国高配当株式インデックスファンド
  • iFreeNYダウインデックス

の三つをメインに投資しているのです。

ただ、残念ながら楽天・米国高配当株式インデックスファンドとiFreeNYダウインデックスはつみたてNISA対象ではありません。

2019年からつみたてNISAにするので、上記二つのファンドは特定口座で投資することになりそうです。

 

今後、さらに低コスト化がすすんで、しかも類似ファンドが出てくる可能性があります。

ちょっと前まではS&P500指数に投資できるインデックスファンドはほぼありませんでしたが、今は二つ増えましたし。

 

ひょっとすると楽天・S&P500インデックスファンド(楽天版VOO)、なんて商品も出てくるかもしれません。

しかしさらに安くなったとしてもほとんど誤差の範囲内に収まると思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。