貯金を続けられない人へ

資産運用話

スポンサーリンク







貯金、大事。

どうも、貯金が大好きぱぺまぺです

貯金があると心の安心感というか心の余裕というんですかね? それが違います。

やっぱり備えがあると違いますよ。

これだけ使っても、ぱぺまぺの懐にはまだ金がある・・・!

ちょっと強気になってしまいますよね。

(お金は使わないですけどね)

知り合いに、貯金もなくその日暮らしみたいな給料でやっと生活している人がいます。

蓄えがそもそもないので、ちょっとした贅沢もできません。

むしろそれをすると命取りみたいな。

生活かかってまで贅沢するか、となると蓄えがないためにできないわけです。

そうならないために、以前から労働し、節約し、貯金しなければならないわけです。

生きている以上、お金は使うし、消費するわけですから。

蓄えがない人に今からでもできることをすれば、貯金できます。

ぱぺまぺ自身もかつては、貯金がほとんどなかった時期がありましたから。

収入< 支出を辞めよう

当たり前ですけど、収入以上の支出を辞めないと、絶対に貯まりません。

そんなこと分かってる!

という声が聞こえてきそうですが、実は案外これが難しかったりします。

主な出費

  • 日々の雑費
  • 趣味にかける費用
  • 交際費
  • ガソリン代
  • 生命保険料
  • 税金
  • 電気・ガス・水道など生活を維持するための費用
  • 賃貸なら家賃、持ち家ならローン返済費用
  • 携帯電話等通信費
  • 借金返済

などなど。

ぱっと思いつくだけでこれだけの費用があるわけです。

(他にもいろいろあるとは思いますが)

それらを収入でまかない、次の給料までつないでいくわけです。

無計画だとよく起こりえるのは、

  • 高額な生命保険に加入
  • 高額な携帯電話通信費用
  • あまり必要性がない交際費
  • 贅沢しすぎ、無駄な買い物の積み重ね

など。

こういう小さなことが積もり積もると、気がつくと収入でえた資金を圧迫してしまうのです。

なので、これらの項目を少しずつでもいいから削る作業が必要なんです。

例えば、

  1. 高額な通信費 → 格安スマホに切り替える
  2. 高額な生命保険料 → 不要な生命保険を解約、プランの見直し
  3. 日々の雑費、趣味 → よけいな買い物をしない。好きなものをやめる。

特に好きなものをやめる!というのがなかなか決断できません。

だって好きだから。

ストレス解消だから。

それはわかりますけどね。

でも、好きなものでもこれは辞めたほうがいい、控えたほうがいいというものがあります。

それは、ギャンブルとタバコです。

ギャンブルとタバコをやらない理由

2018年12月3日

ぱぺまぺ的には無駄以外のなにものでもないです。

好きな人からはいろいろ反論きそうですがね。

勉強のためにやるのはいいけど、それ以上はちょっと、ですかね。

先取り貯金の有効性

貯金するなら、先取り貯金がよろしいかと。

ぱぺまぺは、給料もらったら必ずやる手順があります。

ぱぺまぺ流貯金術

  1. 給料もらう
  2. 固定費等、絶対に出る出費を取る
  3. 貯金分をとる ←先取り貯金
  4. 余りで次の給料までもたせる

注・・・通帳にいれたお金は、ないものと考える。

上記の手順を必ずといっていいほどやりますね。

要は、手元にある資金でやりくりするわけです。

貯金分や通帳のお金は、ないものと思ってください。

この考え方を普段から身につけることが大切です。

あとこれだけはいいます。

余ったお金で、お金は貯まりません。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。