通信費の節約なら、格安SIMで!

保険&節約

スポンサーリンク







携帯電話2台持ち

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、現在大手キャリア携帯+格安SIMの2台持ちを実行しています。

それでも、2台合わせても毎月4000円弱です。

(注:機種代分割払い終了済)

かつてぱぺまぺは、大手キャリアのスマフォ1台だけでした。

スマフォを持ち始めたときから7~8年ぐらいはなんの疑問を抱くことなくそのスタイルを続けていました。

格安SIMの存在自体は知っていたのですが、

  • auやソフトバンクなどの大手と違ってちゃんとしてるのかなんか漠然とした不安
  • 手続きが面倒くさそう

の2点があったので、格安SIMに乗り換えるという検討すらも選択肢になかったのですよ。

それがどうして格安SIM、しかも大手キャリアとの2台持ちを検討したのかといいますと、一番の理由は投資資金の捻出と奨学金等返済資金が必要だったからです。

そもそも携帯電話代が高すぎでした。

毎月13000~14000円も払っていたんですよ。

これだけって思うかもしれませんが、この出費もバカにならないですよ。

ここの削減を行えばもうちょいマシになるんじゃね?

そんな感じでSIM導入しました。

携帯電話のプランを見直してみる

さて、いざ導入しようと考えても、その選択が正しいのか一応検討します。

ええ、まずは検討ですよ。

 

ぱぺまぺは、簡単な家計簿をつけているのですが、たまに支出項目眺めてどうすれば削減できるか、費用を抑えられるか考えたわけです。

そこで、通信費の削減を考えました。

まずはプランを眺めてみて、削れそうなところを考えるのです。

大雑把な大手キャリア・スマフォ毎月の支出内訳

  • 基本料金(プラン料金。カケホーダイなど)
  • オプション使用料
  • 通話料
  • 機種代(分割支払金)
  • データ定額プラン
  • 決済利用料

全部まとめると、ぱぺぱぺは毎月12000~13000円ぐらいの費用を支出していたのです。

しかもスマフォ1台で!

そこで少しでも節約しようとデータ定額を5GBから3GBに落としたりもしました。

これだけで800円の節約になりました!

機種代が2000円ぐらい(24回分割払い)で、こちらはいずれ支払が終わるものです。

支払いが終われば、2000円分浮きます。

ただし、2年経過すると各種割引も終わってしまいますが(泣)

またオプションで不要なものはやめたりして雀の涙でも金額を減らす努力をしたりもしました。

それで数か月ほどやっていたのですが、さらにもっと安くしようと思い立ち、ついに格安SIMの導入を検討したのでした。

しかし、いくら安いからといってそれが乗り換えたら得がどうかさらに検討しなければなりません。

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMのメリット

  • 携帯電話の月額料金が安い
  • 2年縛りがない
  • プランがシンプルだが、各社によってさまざまで細かく設定できる
  • データ定額プランが大手と比べて安い

例えば大手キャリアで5GBが5000円だとすると、格安SIMで5GB~6GBではその半分ぐらいの値段で済みます。

格安SIMのデメリット

  • 通信速度が遅くなるときがある。(特に平日昼間)
  • 定額の電話かけ放題のプランがほとんどない
  • キャリアメールが使えない

ぱぺまぺはフリーメールを常時使い、キャリアメールはほとんど使っていなかったのでこれに関しては問題ありませんでした。

問題は、かけ放題プランがないことです。

長電話するほうなので、ちょっとこれには困りました。

項目大手キャリアのみ データ+通信格安SIM 音声通話格安SIM データ専用SIM
通信プランかけ放題ありかけ放題ないものが多いLINEで電話は可能
通信費プランしだいで定額可長電話すると高くなる-
データ定額高い-安い
キャリアメール使用可使用不可使用不可
SMS使用可--

※SMSは、SMSつきのSIMを選択すれば利用可能です。

  • 格安SIM単体だと、ネットの使用料金は抑えられそうだけど、長電話できない。
  • 大手キャリアはかけ放題があるから長電話できるけど、データ定額プランが高い。

 

じゃあ、両方のいいとこどりになるようにすればいいじゃん!

 

というわけで、大手キャリアのデータ定額プランを解約しました。

これだけで、当初のプランから考えると5000円は安くできたわけです。

大手キャリアの電話かけ放題プランはそのまま残し、電話専用ということで中古のガラホを購入しました。

そして逆に格安SIMのほうは、ネット専用機として使います。

格安SIMは、音声通話SIMとデータ専用SIMの2種類があり、それの組み合わせしだいで料金が安くも高くもできます。

ぱぺまぺは、大手キャリアで使っていたスマフォにデータ専用SIMを挿入して使っています。

格安スマフォ代はこれで節約です。

大手キャリア携帯(スマートフォン)・・・データ専用格安SIMを挿入して、ネット専用機として使用

中古ガラホ・・・大手キャリア携帯のSIMを挿入。電話専用。データ定額プランは完全解約

2台持ちにすると、当然2台持ち歩かなくてはなりません(笑)

ただ、まあ1台のときと比べると電池の持ちはいいです。

  • インターネット閲覧はスマフォ。
  • 電話するときはガラホ。

用途別に使い分けているから電池の消費が抑えられています。

時には、左手で電話しながら右手でスマホで調べたりとかもできるわけです。

導入するまでが、人によっては面倒だと思う

一度導入してしまえば、あとはずっと変わらない出費です。

それが、固定費たる所以ですね。

ただ、分かってはいるんだけど、腰が重くてなかなか格安SIMに切り替える人がいません。

ぱぺまぺの職場に、

  • 基本的に常にお金がない
  • タバコやる
  • ギャンブルやる
  • 高額な携帯電話プラン
  • 不要なオプション付き
  • テレビ見る専用にしか使っていないタブレットの費用

というある意味素晴らしいお手本がいます。

前に、その人の携帯プランやオプションの見直しを進めて、使っていないサービスを解約したら?などのアドバイスをしたんですが・・・。

結局そのままですね。

 

通信費は固定費の削減になる!

携帯電話の通信費は、いわば家計簿の中では固定費といってもいいです。

最初に手間がかかりますが、一度安く設定してしまえば固定費であるがゆえにずっと通信費をお安くできちゃうわけです。

ぱぺまぺの場合は、毎月6~7000円ぐらいの節約になりました。

いま使っているスマフォは、分割支払も終わったので、できればあと1~2年がんばって使っていこうと思っています。

中には、長電話しない人もいるでしょうから、そういうときは格安SIM1台で音声通話+データ専用の組み合わせプランで使用もありです。

それでも大手キャリアのほうがいいっていう人はそのままでもよいでしょう。

状況に合わせてご利用くださいませ。

通信費節約

  • 格安SIMのメリット・デメリットをよく確認する。
  • おのおのの携帯電話利用状況に応じて、利用しましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

↓ちなみにぱぺまぺが契約している格安携帯会社です。

 




応援クリックよろしくお願いします。