積水ハウス(1928)は、高配当な住宅メーカー

ワンタップバイ日本保有銘柄

スポンサーリンク







積水ハウス(1928)は高配当株

どうも、ぱぺまぺです。

最近になって、ワンタップバイ日本株にも投資することにしました。

日本株は、ネットでもいろいろ終わりとかぼろくそ言われているみたいですね。

まあ、確かに米国のあの右肩上がりのチャートとかと比べると見劣りしてしまいますが・・・。

さて、今回はぱぺまぺがワンタップバイ日本株で最初に投資した銘柄の一つ、積水ハウスについてです。

住宅メーカーとして有名で、オマケに高配当銘柄です。

ワンタップバイ日本株はじめました。

2018年12月26日

積水ハウス(1928)の特徴

銘柄名積水ハウス(1928)
業種建設業
時価総額11,182億円
日経平均採用銘柄×
東証1部
株主優待新潟県魚沼産コシヒカリ新米5kg
直近配当利回り4.88%(2019年1月時点)

直近配当利回り4%超えの高配当銘柄です。

配当は、年2回あります。

  • 期末配当金・・・1/31
  • 中間配当金・・・7/31

株主優待は、お米ですね。

 

ただし、1000株以上の保有者が対象です。

今の積水ハウスは1株約1600円なんで、160万円以上資金を投じれば、お米5kgもらえるよ!

やったね!

ぱぺまぺ的には、株主優待辞めて配当金を増額してほしいです!

IR BANKより

 

そんな積水ハウスの年間配当は、1株79円。

100株保有で7900円です。

(2018年は1株77円でした)

積水ハウスもずっと高配当銘柄だったわけではなく、1%程度の配当利回りだった時期がありました。

 

IR BANKより

 

配当利回りは、リーマンショック以後、急激に伸びてきています。

リーマンショック時にはやはり大きく下落していますね。

株価が1000円以下、800円を下回った時期もあったようですが、その後の回復の伸びは素晴らしいですね。

〇 業績推移

 

業績的には順調に伸びてきています。

2010年にガクッと落ちているのは、地価の下落を受けて積水ハウスが保有する販売用不動産に影響があったために、赤字転落したようです。

このときの年か配当は1株21円でした。

 

営業キャッシュフローもフリーキャッシュフローもともにプラスです。

積水ハウスの主な事業

 

都市開発もやっていまして、六甲アイランドシティやシーサイドももち、東京ミッドタウンなんかも積水ハウスが手がけていました。

 

積水ハウスの競合他社

  • 三機工業(1961)
  • 大富建設(1822)
  • ウエストH(1407)・・・など

まとめ

ワンタップバイ日本株で最初に投資した銘柄ですが、取り扱っている銘柄で高配当銘柄があんまりありません。

積水ハウスはワンタップバイでも貴重な高配当銘柄。

株主優待目当てで投資しているわけではないです。

他に投資したい銘柄があるなら、ワンタップバイではなく他の証券会社を利用した方がいいです。

ぱぺまぺはあくまでも日本株は米国株の補助的な投資としているのでメインにはしません。

(というか資金的に無理)

大手住宅メーカー×高配当ということで投資してみましたが、今後どうなっていくか楽しみです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。