2020年にやってみたいお試し投資

投資戦略

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺがやっている投資は基本的に、

  • つみたてNISA対象の投信
  • ETF

 

で個別株投資はメインではやりません。

投資先も、

  • 米国株式
  • 先進国株式

 

がほぼほぼ占めています。

 

リートやコモディティなどは投資しないと何度も当ブログで言及しているのですが、まったく興味がないわけではありません。

興味がなかったらそもそも記事にもしません。

 

ただ、まったくやらないのもどうなのかな、と。

お試し投資の範囲内でやってみたい、というのはあります。

お試し投資でやってみたいのは、

  • 貴金属投資(金、銀、プラチナのどれか)
  • リート系の投資(リートETF、リート投信、REITのどれか)

 

お試し投資で、貴金属投資(純金、銀、プラチナ)

貴金属投資

リターン的には優れていないし、配当金や分配金なども出ません。

それでも、投資対象としてはやってみたいんですよね。

その証拠に、ぱぺまぺはたびたび過去に金投資に関する記事を出してます笑

Pontaポイントで金の果実投資。

銀投資

安価でできる貴金属投資・銀投資とは

 

2019年は、お試しでソーシャルレンディングに投資したことがあります。

投資期間的には9ヶ月だが10ヶ月ぐらいでした。

 

貴金属投資もそんな感じでお試し投資をやろうか検討中です。

メインではやりません。(資金余力的に)

やるなら貴金属投資の積立投資か、もしかしたらETFを買うなどの方法をとります。

 

ぱぺまぺは、株式メインのポートフォリオを組んでいるので、少々コモディティを加えてもさほど影響はありません。

しかも株式に対して違う資産クラスに分散投資することになりますしね。

 

お試し投資でリート投資

リートの話もたまにしてはいます。

リート系の投資は、現在投資信託でニッセイのリート投信だけ投資しています。

リート

ニッセイグローバルリートインデックスファンドでお手軽海外リート投資

 

投信はこれで十分なので、ここにリートETFかREITを加えてみる検討をしています。

 

はじめるなら継続する前提で投資するわけですが、ぱぺまぺは元々資金があんまりない投資家です・・・。

 

REITに投資となるともっとも安く買える商品は、

  • 3298 インベスコ・オフィス・Jリート投資法人

がだいたい23000円ぐらいで1口買えます。

30000円に満たない金額で1口買えるのは素晴らしいですが、その30000円も毎月毎月捻出できない懐事情・・・。

 

 

継続投資の観点からみてもREITは厳しいです。

 

リート系でできそうな投資となると、投信かETFになりそうです。

リート投信はすでに投資しているので、投資するならETFです。

候補は⬇です。

  • iシェアーズ米国リートETF(1659)
  • iシェアーズ・コアJリートETF(1476)

 

1659は名前のとおり米国リート、1476は国内のリートが投資対象です。

 

なぜこの2つなのかというと、

  • 1口単位で買える
  • 1口あたりの価格が安い

 

という理由です。

1476も1659も1口あたり約2200円前後です。

非常にお買い得です笑

 

どちらも分配金は出ます。

少額ですが・・・。

 

コツコツ口数を増やしていけば、それなりの金額になります。

まあ、そうなった場合はお試し投資の範囲を超えていますが・・・

 

さんざん株式メインでコモディティやリートはやらないよ、とぱぺまぺはいいましたが、まあお試し投資の範囲内ならひとつ検討してみます。

 

ちなみにぱぺまぺはバイ&ホールドを誓って個別株投資し、諸事情であっさり手放したことがあります笑

 

ぱぺまぺの考えるバイ&ホールドは、場合によっては変更ありと考えています。

なぜなら、人間の感情や考え方は一定ではないからです。

 

お試し投資をやってみて、ムリそうならあっさり辞めますし、できそうなら続けるかもしれません。

 

というわけで、2020年にお試し投資やってみたいのは、

  • 貴金属投資(金、銀、プラチナのどれか)
  • リート系の投資(リートETF、リート投信、REITのどれか)

でした。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。