資産配分に迷うなら、バランスファンドを使う

投資戦略

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資最初のころ、どのような資産配分で投資するか迷うと思います。

 

  • 先進国株式
  • 日本株式
  • 新興国株式
  • 先進国債券
  • 日本債券
  • 新興国債券
  • 国内リート
  • 海外リート
  • コモディティ

 

ざっくりいうと、これぐらい資産クラスがあります。

これをどのように配分するか、、、と考えるのが超めんどくさいのならば、バランスファンドに投資するのも手です。

 

バランスファンドで複数資産クラスにまとめて投資する

 

様々な資産クラスがありますが、悩む時間がもったいないので、バランスファンド1本投資しておけばとりあえずOKです。

今のところ株式重視で投資していくのが最適なんでしょうけど、株式100%はどうなのかなという感じです。

 

株式100%だと、リスク高めなので自分の資産が半分になる可能性をつねに考慮しておかなければなりません。

他にも債券やリートなど他の資産クラスも組み合わせた方が良いでしょう。

 

本来なら自分で配分きめて投資するのも楽しいんですが、面倒な場合はてっとりばやくバランスファンドで。

 

 

バランスファンドの一例ですが、⬆のような感じのやつですね。

こちらは8資産均等型のものです。

 

 

こういう、株式と債券を半々で投資するバランスファンドもあります。

 

株式と債券で半分ずつですが、先進国と新興国、日本とそれぞれに分散投資しています。

 

基本的にバランスファンドは、国際分散型投資になります。

資産クラスの配分とか考える野が面倒で、手っ取り早く分散投資するならバランスファンドがよろしいです。

 

バランスファンドはリバランスを自動でやる

ぱぺまぺは、バランスファンドがあまり好きではないんですがバランスファンドは使いようによっては非常にやりやすいです。

 

バランスファンドは上で挙げた、株式や債券、リートなど複数のアセットにまんべんなく投資することができますし、投資信託なので100円から投資できます。

 

偏った資産クラスのリバランスも勝手にやってくれるので、こっちはただ淡々と買い続けていればいいだけです。

非常に楽ですね。

 

バランスファンドではなく、複数の投資信託を組み合わせてもいいです。

ただし、その場合はバランスファンドよりもコストが高くなる可能性がありますが。

 

ぱぺまぺは、そちらのほうが楽なのは分かってはいるんですが、それでも複数の投資信託に投資していますね。

なぜなら投資信託1本だと償還になったとき困るからです。

 

バランスファンド1本でも本来なら十分なのですが、日本の投資信託の寿命は7年弱とかいわれています。

20~30年の長期投資するつもりで投資しているので、もしも投資しているのがバランスファンド1本で寿命が短かったら困ります。

 

なので、分散の意味もこめてわざわざ複数の投資信託に投資しているわけですね。

 

もしもバランスファンドをメインに据えるならば、自分的にもっと比率を上げたい資産クラスの投資信託に投資すればいいですね。

例えば⬆の8資産均等型バランスファンドに、もっと先進国株式比率を増やしたければ個別の先進国株式インデックスファンドを保有すればOKです。

 

投資信託自体の分散保有にもなるのでいかがでしょう。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。