ベンチマークかぶりに注意して投資

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資信託の種類はたくさんあります。

ぱぺまぺも投資信託を複数保有しています。

 

ただし、同じベンチマークではなく、投資信託とETFとに分けて投資していたりもします。

なるべくならベンチマークは被らないように投資していきたいところです。

 

 

*過去のいくつかの記事を追加・統合しました。

中心となる銘柄は、鉄板銘柄で。

 

 

ぱぺまぺにとってのコアとなる銘柄は、S&P500系の商品です。

米国の大型株500銘柄に連動する米国の有名な株価指数です。

みんな知っているマクドナルドやコカ・コーラも含まれています。

 

米国株式に投資することは投資の最適解の1つであり、投資の世界では有名な投資家ウォーレン・バフェット氏もS&P500に投資することをすすめています。

あとは、まあみんな買っている銘柄だから、というのもありますね。

ぱぺまぺにとってのコアとなる銘柄は、いちおう複数に分けて投資しています。

 

中心的位置づけ銘柄

  • VOO・・・米国のS&P500ETF。バンガード社の旗艦ETFの1つ。超安定運用。
  • 1655・・・東証上場版S&P500ETF。1口2400円弱で買える。流動性が心配。
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)・・・S&P500指数を投信で買える。20~30年後も運用しているか?

 

本命はVOOですが、国内モノは円で買えるしお手軽です。

どちらがいいかはそれぞれありますが、ぱぺまぺは両方に投資しておきます。

固定の銘柄ではなく、「S&P500指数」に投資するのがメイン、といったところでしょうか。

 

コアとなる銘柄を軸に投資する

 

⬆のように複数に投資してもいいし、どれか1つにまとめて全ての資金を集中的に投資してもいいです。

他のベンチマークの投信やETFを組み合わせてもいいです。

コアとなる銘柄が定まっていないと、まあとりあえず資金を均等に分けて投資するかな、とかそんな感じになっちゃいますね。

定まっていないと、あれもこれも、となってしまいます。

 

(個別株単位で例えば~〇〇10種みたいな感じでポートフォリオを使っている方もいますが、、、)

 

投資資金がたまたま少ない時でもコアとなる銘柄1つだけでも決めておけば、それにだけ集中的に運用投資することができます。

コアとなる銘柄を決めたら、足りない部分を先進国なり他のETFなりに投資して適宜調整したりもできます。

 

例えばS&P500ETFならば、

  • 単一国投資になるので他の地域に投資したい → 欧州、新興国、日本など他の地域に投資する
  • 金融セクター、情報技術セクターなど一部偏っている → セクター系ETFに投資する

 

という感じで、メインとなる銘柄を軸に、自分なりにポートフォリオを組むこともできます。

ぱぺまぺは最初から今のようなポートフォリオの考えをもっていたわけではなく、投資しているうちに今のような形に落ち着いた感じです。

 

ベンチマークかぶらないように投資する。

 

 

↑の過去ツイートのとおりS&P500系の商品を複数持っています。

ですが投資信託のみで同じ商品のものはかぶらないように投資しています。

  • 1655ETF・・・国内ETF
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)・・・投資信託
  • VOO・・・米国ETF

 

という感じです。

 

ベンチマークが同じで同類の商品を複数持っていても、同じような成績なので分散投資にならないかなと。

「商品的」な分散を考えれば同じベンチマークのものを複数持っていた方がいいかもしれませんが・・・。

それよりも地域的な分散とか投資対象がちょっと異なるものを複数持っていた方がいいですね。

 

日本株式でいえば、

  • 日経平均株価
  • TOPIX

 

が有名です。

先進国株式型の投信も、同じベンチマークで同じような商品いっぱいあるんですよね

新興国株も同様です。

 

同じベンチマークのものを被らせて保有する意味はそんなにないかなって感じです。

ただ、それでも地域的な偏りの投資はしています。

 

米国株式系投信でいえば

  • S&P500
  • NYダウ
  • 高配当株式
  • 全米株式

 

他のベンチマークもできれば1つずつ選ぶ感じのほうがいいですね。

日経平均や先進国株式の投信を3つも4つも保有するのはちょっと、、、。

 

同じベンチマークの投信を複数保有する意味

 

同じベンチマークのものを複数保有しておくのにあえて理由づけするならば、日本の投資信託の寿命が短い可能性を考えると同じベンチマークのものを1つ2つともっていたほうが安心、というのはありますね。

ですが投資信託に全てを賭けるのではなくて、 ぱぺまぺだったらETFを加えます。

同じベンチマークではあるものの、ETFと投資信託とでわけて投資しています。

 

寿命が短いかもしれない投資信託が終わっても、まだETFがある、と自分を安心させることができます。

 

投資のスタイルは人それぞれなので、結局のところどれが正解かはわかりません。

同じベンチマークのものを複数持っている人もそれぞれでいいと思います。

ぱぺまぺの場合は、同じベンチマーク投資信託を複数もつよりも、同じベンチマークでも投資信託とETFなど複数持ったほうが安心かなと考えます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。