退屈な投資を続けるには。

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺはインデックス投資をメインとしています。

はっきりいって退屈です。

 

インデックス投資とは、いわゆる日経平均とかNYダウとか、テレビの経済ニュースでたまにきくアレのことです。

 

なんかパッとしないし。

地味だし。

 

そんな退屈な投資でも続けていくには、結論的にいうと、

投資を日常の風景の一部としてしまうことです。

 

退屈な投資を続けるには、投資を日常にすること

投資

やり方は超カンタンです。

朝起きて、ご飯食べて会社にいく。

お腹がすいたらご飯たべる。

眠くなったら寝る。

 

いちいち意識していないですよね?

もう日常、ルーティン化されています。

 

そこに、インデックス投資を持ち込んでしまいましょう。

ルーティン化してしまえば、続けようとか投資しようとか、よけいなこと考えなくていいです。

 

だって日常だもの。

と、考えるのです。

 

朝、天気予報やニュースを見るのと同じ感覚で、自分のポートフォリオを確認し、

 

腹が減ったらご飯を食べるのと同じ感覚で、当たり前のようにインデックス投資をする。

 

変に意識していないぶん、むしろ続けやすいです。

 

大もうけしようと欲をかくと、失敗する

投資間違える

退屈な投資に飽きてしまい、一発大儲けしようと思ってFXとか個別株、もしくは10倍株なんかを狙って投資をするのもいいんでしょう。

 

ただそれだと何十年も投資を続けていけるかどうかというとかなり疑問です。

 

ぱぺまぺは、投資は続けていくことが 重要だと思っています。

つまり投資の世界から退場しないことですね。

 

ぱぺまぺは日中は社畜して過ごしているわけですから、なるべくなら投資の世界では穏やかにやっていきたいと考えています。

そうなるとなるだけ安心して、というか放置してもやっていけるインデックス投資の方がいいのかもしれないと思っています。

 

他の投資法のほうが、たしかにインデックス投資よりも大きく儲けることはできるでしょう。

ただ、ぱぺまぺは自分でそれほどうまく儲けられるとも思っていないんですよね。

 

投資で冒険するのもいいんですけど、失敗して退場しては元も子もありません。

なので、失敗するかもしれないなら、最初からそういう投資をしないほうがいいのです。

 

特に、投資資金が少ないのであればなおさらです。

失敗して立ち直りができない可能性高いですから。

 

欲をだしてFXとか手を出してその時大きく儲けてしまって、のめり込み、そこで止めておけばいいものを、さらに欲を出して調子に乗って失敗するのがパターンです。

 

だからぱぺまぺがFXをやらないのはそういった理由からなんですよね。

 

  • 失敗するかもしれない
  • 調子に乗ってしまうかもしれない

 

それが強いから、そもそもFXに近づかないようにしています。

FX証券口座を開かないようにしているし、FXを推奨するような記事は書いたりしません。

 

個別株銘柄の、こんなのあるよ的な紹介記事は書きますがね。

ですが、絶対これ買いましょう! みたいには推奨はしていないはずです。

 

インデックス投資は地味だが、負けにくい

 

投資初心者でも退場しにくいのは何かと思ったら、多分インデックス投資じゃないかなと。

インデックス投資は、なにせ平均を狙っていく投資です。

 

だから、大きく儲けることはできませんが、負けにくい投資でもあります。

 

しかも、投資初心者でもプロの投資家に勝つ可能性があるのが、インデックス投資でもあります。

 

投資の結果が10~20年先に出るわけですから、たしかに退屈です。

退屈だから、他の投資にも手を出してしまいがちです。

 

なので、ぱぺまぺは、インデックス投資を日常化することであえて意識させない。

ルーティン化してしまえば、続けやすいのでは、と思うわけですね。

 

淡々と続けていけば、20~30年後にはなかなかの積立金額になっているのではないかと思いますよ。

 

安心して投資を続けることが継続につながる

なるべく安心して投資をするならインデックス投資は、投資信託だけでなくETFなど複数の商品にまたがって投資した方がいいです。

 

というのも、日本の投資信託は長期投資と謳っておきながら運用会社の都合で強制償還されてしまう可能性があるからです。

 

日本の投資信託の平均寿命が短いのです。

 

最近になってようやく長期投資に値する投資信託が出てきたくらいです。

しかし、実際のところはまだわかりません。

 

だから運用会社が巨大で古くからやってて安定している、本家のETFにも投資しているわけです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。