がん保険解約しました。

保険

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、生命保険は必要なもの以外は入らないというスタンスを取っていたと思いました。

がん保険必要か

がん保険の必要性

2019年2月9日

 

ぱぺまぺが加入している保険は以下のもの。

  • 県民共済
  • がん保険
  • 死亡保険

 

の3つだけ入っていましたが、つい最近がん保険を解約しました。

 

がん保険の解約について

 

基本的に民間の保険はほとんど必要ないというスタンスです。

なぜなら、国民健康保険が優秀だからです。

 

がん保険は、いつがんになるかわからないということで念のため入っていただけだったんですけど。

若いうちは確率が低いということで、仮にかかっても健康健康保険の高額医療制度を利用すればいいかなと。

いざとなったら貯金で賄うという考えもありました。

 

掛け捨ての保険だったのでたいしたダメージはなかったんですけどね。

がんは確かに確率としては2人に1人とかそういう感じかもしれません。

 

ですがぱぺまぺはまだ30代です。

若い人ががんにかかりにくいのも事実です。

 

生命保険は、費用対効果と割にあうかどうか。

 

2年ぐらい加入していましたが、費用対効果が割に合わないなと思ったのですね。

ぱぺまぺが40〜50代ともう少し年齢が上だったら有用かもしれませんが、今の年齢はまだ早すぎたのかもしれません。

 

可能性はゼロではありませんが、、、しかし確率的には低いです。

保険にお金をかけるよりも、投資や貯金などして資産を増やす方向に資金を投入し、かつ健康的な生活を送ることのほう

が大事だと思ったわけですね。

 

解約した途端、がんが見つかった!なんてこともあるかもしれませんが 、それはその時です。

これで今のところ、県民共済、死亡保険の2つだけになりました。

死亡保険も必要かどうかという問題もあります。

 

そちらは月額でもかなり安いし、ぱぺまぺ的にそれぐらいなら問題なかろうかと考えています。

 

特にぱぺまぺは長距離運転なんで、いつどこで事故って死ぬかわからないんですよね。

長距離になればなるほど事故で死ぬ確率はあがりますから。

 

たぶん、がんにかかる確率より事故で死ぬ確率の方が高いような気がします・・・。

 

とはいえ、がん保険はのちのちまた再加入することは十分にありえます。

 

がん保険に加入したからといって、病気が治るわけではありません。

薬漬けもいいようで悪いという話も聞きますし・・・。

 

結論的には、がんにかかるかもしれない確率や保険にかけるお金、その年数見た場合にちょっと効率というかコスパが悪いなと思ったから解約した、というわけです。

 

浮いた資金は、投資か貯金か、スキルを得るための資金に回すこととします。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。