がん保険の必要性

がん保険必要か 保険

スポンサーリンク







がん保険の加入・未加入問題

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはいくつかの生命保険に加入しています。

  • 県民共済
  • がん保険
  • 定期死亡保険

三つ加入していますが、全部ひっくるめても毎月5~6000円程度です。

 

この三つ以外にかつて加入していたのが、

 

  • 終身医療保険
  • 低解約返戻金型終身保険

 

この二つは、保険の見直しの過程で解約したものです。

 

なぜ見直しをしたかというといくつか理由がありますが、まとめると下のような感じです。

 

生命保険見直しした理由

  1. 保険は掛け捨て型がコスパがいい
  2. 貯蓄性を持たせた保険は、利率が悪い。
  3. 投資資金を必要としていた

 

がん保険は解約対象から外れて、継続中です。

今回は、そのがん保険は必要でないのか必要なのか、についてのお話です。

 

なぜがん保険は解約しなかったか

結論的には、各自の経済状況、ニーズにあわせるべきであり、ぱぺまぺは必要だと思ったからです。

 

誰かにいわれたからこうしたではなく、自分はこうだからこうした、と。

 

だから、ぱぺまぺはがん保険を積極的におすすめするわけでも否定するわけでもありません

 

そもそも解約した生命保険の二つとも、知り合いに紹介されて加入してしまったんですよね。

 

まだぱぺまぺが投資とかそういう世界を知らなった若いときですが。

 

がん保険の必要、不要論を超ざっくりとまとめると以下のような感じです。

 

がん保険必要論

  • 日本人の二人にひとりはがんで死亡する可能性が高い、といわれています。
  • 治療費がかかるため、貯蓄がないと不利。

 

がん保険不要論

  • 公的保障で十分! 貯蓄があればだいじょうぶ
  • がん保険に払う保険料がもったいない。

がん保険の主な保障内容

 

保障内容は、各社の保険商品によって違います。

 

大まかにいえば、下のような分類になります。

 

  • 放射線治療給付金
  • 抗がん剤・ホルモン剤治療給付金
  • 自由診療給付金
  • がん先進医療特約
  • 悪性新生物保険料払込免除特約

 

症状が該当すれば、なんちゃら給付金ということでお金がもらえます。

 

例えばがん診断給付金だったら、がんと診断されれば給付金がもらえます。

 

しかし、診断給付金ではなくこれが例えば入院給付金だったりすると、診断されただけでは給付金がもらえなくなったり、というケースもあります。

 

なのでなるべく対応できるようにいろいろオプションをつけるのですが、そうすると生命保険料が高くなる、と。

 

このへんはバランスですね。

がん保険は、加入継続します

貯金でまかなえるのなら、がん保険は不要です。

それを言ったらすべての保険がそうですが。

 

ぱぺまぺは、貯金と投資両方行っていますし、一応長生きするつもりではいます。

 

その途中で、がんとかの治療費で余計な資金を失いたくないんですよね。

 

つまり投資資金や貯金に手を出したくない!

 

もうね、これに尽きますね。

 

貯金は貯金、投資は投資、保険は保険。

 

保険でまかなえるなら、と思って加入しているわけです。

資産運用

貯金、投資、節約、保険の4点セットを使いこなす!

2018年12月13日

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。