投資資金が少ないならキャピタル重視投資でOK

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

前にインカム重視投資がムリなら、キャピタル重視投資でやればいいよという話をしたことがあります。

 

ぱぺまぺがやっている主な投資は、利回りがあまり高くないETFだったりつみたてNISAによる投資信託での投資になります。

こちらはどちらかというと、インカム(配当金)というよりはキャピタル(値上がり益狙い)で投資している感じです。

 

キャピタル狙いの投資

 

投資信託よりETFのほうに期待しているのですが、ETFのほうは個別株と同様に基準価格が少しずつ上がっていくので段々と投資に必要なお金は増えていきます。

 

ちなみに投資信託は100円から買えます。

基準価格がいくらになろうとも100円で買えるのはありがたいです。

 

ただし、その場合は取得できる数量が少なくなっていきますがね。

 

ぱぺまぺは投資資金が少ない投資家です。

投資できる資金が限られている以上、なるべく少ないお金でも分散投資が可能なETFや投資信託が好きだから、こちらの方に投資しているわけです。

 

インカム重視ではなくキャピタルのほうを狙うのにも、市場は右肩上がりに成長していく前提で動いているので、今の値段で取得した商品も、将来的には値上がりしてもっと高く売れるはずなんですよね。

その逆になるパターンも存在しますが・・・。

 

高配当個別株を複数投資するには資金的に足りない

 

高配当個別株投資は、分散投資とは真逆のスタイルです。

いくらセクター的に分散させたとしても、個別株です。

 

個別株だと厳密には分散投資にならないんですよね。

さらにいうとそれで市場平均に勝てるかどうかも分かりません。

(そもそも勝つとか負けるとかはどうでもいいですが笑)

 

となると、心穏やかに投資したいぱぺまぺは、それができないかもしれないということになります。

個別株投資は、ぱぺまぺにとって継続するのが難しいです。

 

だからそれが、なるべく少ない資金でも分散投資ができるETFや投資信託に投資する理由です。

 

分散投資できるし、なんてったって市場平均狙いですから。

大きく勝つこともできませんが、大きく負けることもないわけです。

 

ささやかに分配金はETFのほうから出ますが、こちらは再投資をすることにしています。

インカム重視で高配当個別株投資が優れていたとしても、投資を継続できなかったら意味がないんですよね。

 

継続性ということを考えるとキャピタルを狙った投資の方がやりやすいというのも事実です。

これが例えばぱぺまぺがもっと高収入なところに転職したり、副業などでめちゃくちゃ稼ぐことができれば、月に何十万という単位で投資資金を増やすことができますし、そしたらキャピタルではなくインカム狙いの投資もしていきたいと考えています。

 

まあそれがいつになるかはわからないんですけどね・・・。

 

インカム狙いの高配当個別株投資ができない・厳しい投資家なら、投資信託やETFでも十分だと考えます。

ぱぺまぺは、これからもそうしていきます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。