米国集中投資と分散投資

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、分散投資を推奨していますが不必要な分散投資をするべきではないと思っています。

例えば個別銘柄を何十個も持つとか・・・。

それだったらETFや投資信託で事足ります。

 

もっと積極的にリターンを狙いたいのであれば、やはりそれなりに成績が良い所に投資して集中投資するべきと考えています。

そういう部分に関しては米国株がいいです。

 

分散投資に関しては、米国や先進国がいいかなと思っていますが、集中投資するべき部分は米国だけででいいと考えています。

*いくつかの記事を統合、追記しました。

分散投資の先進国株式、集中投資の米国株式

 

分散投資は、投資の基本にして王道です。

特定の地域や特定の国だけ、単一国にだけ集中的に投資するのはあまり良くはありません。

 

ぱぺまぺは国際分散投資推奨派です。

ただ、それでも投資の最適解みたいなのは一応ありまして、

  • 世界に幅広く分散投資
  • 米国株式に投資

 

の2つがそうです。

 

国際分散投資推奨のぱぺまぺですが、集中投資に関しては米国株式に一任しています。


分散投資がいいか米国にだけ投資するか。

そういうどちらの投資が優れているとかくだらない話をするつもりはありません。

 

好きなほうをやればよろしい。

 

ちなみにぱぺまぺは米国比重多めの分散投資をしています。

投資信託にしたって必ず米国が入っていますから。

  • eMAXIS Slim先進国株式・・・米国が60%ぐらい
  • EXE-iグローバル中小型株式ファンド・・・米国が60%ぐらい
  • iFreeNYダウ、楽天米国VYM、eMAXIS Slim米国株式・・・米国100%

 

どちらか1つにしなければならない、というわけではまったくもってありません。

 

ぱぺまぺは、最強覇権国家である米国の成長を信じています。

というのも、米国企業は、本国だけでなく本国外、つまりグローバルに展開しているために米国へ集中投資したとしても結果的に分散投資になっているという考え方もあります。

だから、例えばS&P500指数に採用される500社に投資すれば、それすなわち分散投資にもなっているという寸法です。

 

米国株式だけに集中投資しない理由

世界

 

 

いくら米国が優れた経済力を持とうとも、それが永続するわけではありません。

単一国にだけ集中投資するのは米国でもぱぺまぺは不安です。

 

いつまでも成長し続けているかというと、それは疑問ですしね。

どこかのタイミングで傾くかもしれません。

 

米国にだけ集中投資していたら、米国がコケたら終わりですからね。

だから米国にだけ集中投資しません。

 

米国株式集中投資のメリット・デメリット

  • 単一国投資になるので、米国がコケたら終わり
  • 投資の最適解の1つ、高成績を出す。

 

本気の集中投資なら、個別株投資にあたるでしょうね。

資金に余裕がある人は、それでもいいでしょうが、ぱぺまぺのように資金が少ない人は、複数の銘柄にまとめて投資できるものが最良です。

 

ぱぺまぺは国際分散型のポートフォリオを組んでいますが、米国への比重が大きいです。

米国のリターンは優れていますので集中的に投資したいですが、心配性なので他の地域・国々にも投資しているからそういうポートフォリオを組んでいるのです。

 

しかし、一方でリターンの優れない地域・国々にまで投資すると全体のパフォーマンスが悪くなります。

それを嫌う人は、集中投資でいいと思います。

 

先進国株式のみの分散投資だけにしない理由

米国株

 

もう一つの投資の最適解、国際分散投資があります。

先進国株式、日本株式、新興国株式など世界に幅広く分散投資するのが国際分散投資です。

地域的な集中投資よりもこちらの方がぱぺまぺは好みなんですが、デメリットは成績が良くない地域にまで投資してしまうということです。

 

せっかく先進国株式もしくは米国株式などどこでもいいんですが良い成績を出しても悪い地域があったら、そこに足を引っ張られて良い成績が台無しになってしまう、という感じですね。

そのあたりは、例えば新興国株式や日本株式には投資しない、とかある程度調整は可能です。

 

メリットとしてみれば、どこかの地域がダメになっても他の地域が残ってるから安心、という感じ。

良い面もあればそうでない面もあります。

 

ただ、それは米国株式集中投資にもいえることですが。

分散投資のメリット・デメリット

  • 成績のよくない国・地域にまで投資してしまう(ある程度調整は可能)
  • 分散投資なので、1つがダメでも他がある。

 

結論は、米国株式多めの分散投資

 

米国株式集中投資と、分散投資のデメリットはわかったので、両方合わせてデメリット部分を補い合います。

 

米国株式多めの分散投資

  • 単一国投資の弱点を、分散投資で補う
  • 分散投資の弱点を、米国株式投資の高リターンで補う

 

両方活用するならば、米国株式の比率をなるべく多くし、高いリターンを叩き出しつつも先進国株式で分散投資しておく。

分散投資のデメリットである、不良な部分にも投資して成績が下がっても、

  • 新興国株式
  • 日本株式

 

になるべく投資しないように調整し、それで下がっていても米国株式で補います。

米国株式がコケても、ある程度他の先進国に分散投資もしておく、という感じです。

 

先進国株式は、投信だと米国株式が6割ぐらい含まれています。

そこはETFなどで、ある程度米国以外の先進国の比率を多めにしてやる必要がありますが。

 

米国の高リターンがいつまで続くかはわかりません。

たまたま自分が生きている今この瞬間がそうであるだけで、もしかすると数年後には凋落している可能性もなきにしもあらず。

 

他の地域がひょっとすると繁栄しているかもしれません。

  • 日本
  • 欧州(もしくは欧州のどこかの国)
  • 新興国(もしくは新興国のどこかの国)
  • アジア(もしくはアジアのどこかの国)

 

未来はだれにもわかりません。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。