集中投資は米国株式担当で。

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

当ブログで何回か言及していますが、分散投資は、投資の基本にして王道です。

なので特定の地域や特定の国だけ、単一国にだけ集中的に投資するのはあまり良くはありません。

 

ぱぺまぺは国際分散投資推奨派です。

ただそれでも投資の最適解みたいなのは一応ありまして、

  • 世界に幅広く分散投資
  • 米国株式に投資

 

の2つがそうですね。

 

国際分散投資推奨のぱぺまぺですが、集中投資に関しては米国株式に一任しています。

 

分散投資の先進国株式、集中投資の米国株式


分散投資がいいか米国にだけ投資するか。

そういうどちらの投資が優れているとかくだらない話をするつもりはありません。

 

好きなほうをやればよろしい。

 

ちなみにぱぺまぺは米国比重多めの分散投資をしています。

どちらか1つにしなければならない、というわけではまったくもってありません。

 

投資の最適解である米国株式と、世界に幅広く分散投資は先進国株式に任せます。

ぱぺまぺは個別株投資はいまのところやっていないので、投資信託とETFでの投資になりますね。

 

米国株式だけに集中投資しない理由

世界

いくら米国が優れた経済力を持とうとも、それが永続するわけではありません。

単一国にだけ集中投資するのは米国でもぱぺまぺは不安です。

 

いつまでも成長し続けているかというと、それは疑問ですしね。

どこかのタイミングで傾くかもしれません。

 

米国にだけ集中投資していたら、米国がコケたら終わりですからね。

 

だから米国にだけ集中投資しません。

 

米国株式集中投資のメリット・デメリット

  • 単一国投資になるので、米国がコケたら終わり
  • 投資の最適解の1つ、高成績を出す。

 

分散投資だけにしない理由

米国株

もう一つの投資の最適解、国際分散投資があります。

先進国株式、日本株式、新興国株式など世界に幅広く分散投資するのが国際分散投資です。

地域的な集中投資よりもこちらの方がぱぺまぺは好みなんですが、デメリットは成績が良くない地域にまで投資してしまうということです。

 

せっかく先進国株式もしくは米国株式などどこでもいいんですが良い成績を出しても悪い地域があったら、そこに足を引っ張られて良い成績が台無しになってしまう、という感じですね。

そのあたりは、例えば新興国株式や日本株式には投資しない、とかある程度調整は可能です。

 

メリットとしてみれば、どこかの地域がダメになっても他の地域が残ってるから安心、という感じ。

良い面もあればそうでない面もあります。

 

ただ、それは米国株式集中投資にもいえることですが。

 

分散投資のメリット・デメリット

  • 成績のよくない国・地域にまで投資してしまう(ある程度調整は可能)
  • 分散投資なので、1つがダメでも他がある。

 

結論は、米国株式多めの分散投資

 

米国株式集中投資と、分散投資のデメリットはわかったので、両方合わせてデメリット部分を補い合います。

 

米国株式多めの分散投資

  • 単一国投資の弱点を、分散投資で補う
  • 分散投資の弱点を、米国株式投資の高リターンで補う

 

両方活用するならば、米国株式の比率をなるべく多くし、高いリターンを叩き出しつつも先進国株式で分散投資しておく。

分散投資のデメリットである、不良な部分にも投資して成績が下がっても、

  • 新興国株式
  • 日本株式

 

になるべく投資しないように調整し、それで下がっていても米国株式で補います。

米国株式がコケても、ある程度他の先進国に分散投資もしておく、という感じです。

 

先進国株式は、投信だと米国株式が6割ぐらい含まれています。

そこはETFなどで、ある程度米国以外の先進国の比率を多めにしてやる必要がありますが。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。