下落は一時的で気にしない

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

今が含み損でも一時的、将来は分かりません。

コロナショックに限らず、何かの影響でマイナスになってそれが何年も続いたとしても、それは一時的だと考えます。

よっぽど高値で掴まなければの話ですが。

 

今がマイナスだからといって将来もずっとマイナスかというとそうとは限りません。

ついこの間までずっとプラスだったこともあるわけですから悲観的になる必要は1mmもありません。

 

マイナスを憂う気持ちも一時的です

 

株価は上がれば下がるし、下がれば上がるものです。

たしかにマイナスになると気分が滅入ってしまうのは分かりますがね。

 

一つか二つがマイナスでも全体的に見ればプラスであれば、それはいいことだと思いますけどね。

マイナスが耐えきれないので、マイナスをあえて受け入れて売却するという策もありますが。

 

ぱぺまぺもあまりにもマイナスが長かったらもしかしたら売却してしまうかも、とたまに考えてしまいます。

 

超有名企業ならそのうち株価が回復する

 

ぱぺまぺが保有している銘柄うち、万年マイナスなのがブリティッシュ・アメリカン・タバコです。

タバコセクターが人気でフィリップモリスが株価が高くて買えないから、ブリティッシュ・アメリカン。タバコで我慢した、という理由で買いました笑

 

個別株投資を諦める前に買ったやつですね。

タバコ1

英国株式タバコセクター、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

 

未だにマイナスでして、追加投資もしていないので、配当金をもらうだけの銘柄になってます。

追加投資をしていないので株数も変わりませんから配当金も増えません。

 

この銘柄は一般NISAのときに買ったやつです。

NISAの期間がまだ残ってるんですよね。

でもマイナスです。

 

このままマイナスだと、NISA期間が終わってしまい。マイナスも確定してしまいます。

たぶんその期間が終わるまでにはプラスにはならないと考えています。

 

そのときは課税口座に移る前にマイナスでもいいから売却してしまおうかなとも思っています。

売却した資金はETFに投資するというのも一つの案ですけどね。

 

課税口座に移って以降もそのまま保有する選択肢もありますけど、まだ考え中です。

 

そんなブリティッシュ・アメリカン・タバコでも、5年、10年、15年と保有していればそのうちプラスにはなるとは考えています。

根拠はと言われるとちょっと厳しいですが・・・。

 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコは超有名な企業ですから、その辺は安心してはいます。

よっぽど変な企業でなければ今がマイナスであってもそのうちプラスにはなると思います。

 

 

コロナショックぐらいの相場はこの先も何回かあるはずですから、いちいち気にしてられません。

今保有している銘柄は、きっと長期投資のつもりで投資したはずです。

そのことを忘れないように。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。