デフレ対策のオススメ投資法は?

デフレーション 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

社畜をがんばりたくない、投資をがんばりたい社畜個人投資家です。

ぱぺまぺを知らない人は⬇のTwitterを読むとだいたいな感じでわかります

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→2018年7月から1日1記事更新、コツコツやって200記事達成

・低年収な社畜✕投資家✕ブロガー

 

日本はゆるやかにインフレに向かっているみたいですが、今はまだデフレ期にあるともいえます。

そんなデフレ期に有効な金融商品とはなにか、を考えます。

結論からいうと、現金(キャッシュ)が最強です。

現金を多く持っておくのがデフレ対策

 

デフレは、インフレとは逆。

すなわち、モノの値段が下がってお金の価値が上がっている状態のことです。

 

100円で買えていたものが、80円で買えるようになった。

より少ない現金でモノを買うことができるので、お金の価値は上がっていますね。

 

デフレ期においては株式が弱くなるので、株価が探ります。

なので、現金を多く保有しておくのが最善です。

デフレ時の現金(キャッシュ)以外の投資商品は?

株式よりも比較的安全資産とされる債券が注目されます。

債券については、⬇の記事をどうぞ。

日本債券

アセットの特徴・日本債券編

2019年3月1日

 

また、現金を多く保有したり債券に投資するのもいいですが、ここであえてデフレ時に弱い株式に投資するのもいいです。

 

株価が下がっている、ということはそれだけ安く買えるわけですから。

ぱぺまぺの考え方なんですが、株価が下げ相場のときは株の大安売りと割り切って投資すればいいのでは、と。

 

株式の含み損は、売却などして利益確定しなければ良いだけの話です。

 

デフレ時に株式投資

株価が安いときに買っておいて、仕込んでおきます。

すると、いつかは株価が上昇するときがあるので、そのときに安くかっておいた株式が威力を発揮します。

 

ひょっとすると大きく利益がでるかもしれません。

つまるところ、

安く買って、高く売る。

 

今回のインフレ・デフレの話は、国内の話であって、海外の株式に投資してみるのもいいですね。

日本においては下げ相場でも海外では逆になっていることもありますから。

 

デフレ時の投資まとめ

デフレ

 

 

デフレ期においての投資は、あえて投資をせずに現金を多く保有するのが最善です。

 

それ以外でもしも投資するなら、以下のものがいいです。

  • 安全資産とされる債券
  • あえて下げ相場の株式

 

考え方しだいなんですが、株を買って上げ相場になれば嬉しいし、下げ相場なら株の安売りだとおもって仕込めることができます。

 

ぱぺまぺは、株価が上がろうが下がろうが淡々と機械的に投資するだけなので、特に関係なくやっていきます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。