少額で資産形成は難しい

少額で 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、だいたいいつも社畜してるんですが、たまに投資もやってます。

超カンタンにいうと、⬇のような感じです。

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→1日1記事更新、半年で100記事達成

・低年収✕投資家✕ブロガー

⬆にも書いてあるとおり、ぱぺまぺの手取り収入は20万円に届きません。

 

それでも投資継続ができているのは、投資をするのに多額の資金を必要としないからです。

 

少額で、資産形成はかなり厳しいです。

ここで残念なお知らせです。

投資においては、投資元本の多さがモノをいうので、少額で資産形成をするという意味では、厳しいです。

 

少額から投資を始めるべきですが、いつまでも少額ではダメです。
貯金とおんなじで、やっぱり投入資金が多い方が早く資産形成できるから

 

ぱぺまぺは、投資初心者や投資未経験者はまずは少額から投資を始めてみるべき、というスタンスなんですね。

当ブログにおいても、少額からできる投資法とか記事にしたりしてます。

 

ですが、それはあくまでもはじめの、とっかかりの部分のお話なんですね。

少額から始めてみるのは推奨ですが、だんだん慣れてきたら投資元本を増やしていくべきです。

 

少額で投資を始めることと、少額で資産形成をしていく、ということは別問題なんですね。

 

少額で投資できる環境で、投資はしやすくなりました。

ぱぺまぺは投資を始める以前、投資をやるにはそこそこの資金がないとはじめられないと思っていました。

つまり、最低投資金が十何万から~とかですね。

 

全然そんなことなくって、今は投資信託は100円から投資できるんですよね。

100円で、米国の有名な指標であるS&P500やNYダウなどに投資できるわけです。

 

これってよく考えたらすごいことですよね。

100円で、しかもネット環境があれば自宅でもどこでも買えてしまう。

 

ワンタップバイなど最近登場したサービスだって、手数料の問題がありますが、1000円から個別株を買えます。

 

現金使いたくなければ、ポイントをつかって投資の疑似体験ができるポイント投資運用を使う、という方法だってとれますし。

 

投資を始める、という意味においてはものすごく参入しやすくなったんですよね。

資産形成の上では、資金の多さも大事です。

当たり前ですが、資金は多い方がいいです。

貯金だって、少額よりは資金を多く貯金したほうが早くお金が貯まりますよね?

 

投資もそれと同じです。

 

しかし、なかなか資金を多く投入することができない人もいます。

ぱぺまぺもそんな一人です。

  • 給料がほぼあがらない
  • ボーナスがない
  • 給料も少ない

 

ぱぺまぺみたいな人もいるでしょう。

⬆のような状況で貯金だけしていたらマジで将来不安しかありません。

 

だから投資をやっているのですが、やはり資金の少なさがネックです。

 

例えばつみたてNISAでは年間40万円の非課税投資枠がありますが、40万円って投資額的には少ないです。

ぱぺまぺ的には多額ですがね。

 

投資の世界ってそういうものなんですよね。

 

直近10年でいくらとか、資産を貯めて早期退職、というのも一瞬考えたことありましたが、即座に切り捨てましたね。

 

ぱぺまぺにとってそれは現実的ではありませんから。

 

長期投資×積立投資でコツコツやること

少額で

 

と、少額よりも多額の資金を使った方がそれだけ早く資産を形成するスピードは速まります。

 

ですが残念ながらそれができないぱぺまぺのような人は、

  • 長期投資
  • 積立投資

 

これで地道にコツコツやっていくことですね。

収入や家庭の経済状況によって大きな資金を投入できない場合もあります。
ぱぺまぺもそうですけどねw

でも何もしないよりはマシかなという感じで、少額からやってるんですね

 

実際的には資金的に厳しい面があります。

ぱぺまぺ自身も、そもそも収入が少ないし少ないところからなんとかやりくりして投資資金を捻出しているわけです。

ボーナスみたいなブーストもかけらない状況です。

 

早期退職とかを希望しなければ、労働収入という定期収入を利用して資産を築くことが近道です。

焦らないこと、ですね。

 

最も、

  • 副業・副収入を得る
  • 高収入な職場に転職する

 

という方法をとることもできます。

その方法と併用して投資資金を多くしていくことも重要ですね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。