米国集中投資でも分散投資でも。

投資入門

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺ的におもう投資の最適解は、分散投資です。

単一国限定で投資するのは得策とはいえません。

 

米国株式に「だけ」投資しておけばOKという風潮がありますが、基本的には米国株式はあくまでもメインの一つとして投資し、分散投資するよう心がけていきます。

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

米国株投資が最適ゆえに分散投資する


ドル 資産運用

 

ぱぺまぺは投資信託とETFの両輪で行っています。

Twitter の世界が全てではないでしょうけど、Twitterを見ていると米国の、しかも高配当株に奉仕するのが流行っているようです。

しかしながら、米国株投資だけをひたすら行っていればいいのかという疑問が湧いてくるのです。

たしかに過去の成績を見れば米国の成長はリターンは素晴らしいものですが、 過去がそうであるだけで、これから先の未来はだれにも分かりませんよね。

 

ぱぺまぺは、当記事でも何度もいっていますが米国の成長を固く信じています。

しかし心配症なので分散投資しているわけですね。

 

不安なら米国以外にも投資する

投資

 

どこが次に成長するとか高リターンをたたき出すとか知りません。

だから分散投資したらどうですか?ということです。

未来は不確定ですが、ひょっとしたら米国が凋落し、米国以外の地域、例えば

  • 日本
  • 欧州(もしくはどこかの国)
  • 新興国(もしくはどこかの国)

 

これらの国々のいずれからが成長する未来があるかもしれません。(ないか?)

 

今の状態を考えると米国の一人勝ちという状態で他の可能性を考える余地もないかもしれませんが、可能性はゼロではありません。

その辺の不安もあるから、ぱぺまぺは米国に偏ったポートフォリオを組んでいるわけですね。

 

コストが気にならないなら、投資信託でもいいと思います。

米国がけっこう含まれてしまいますが、米国以外の先進国にも投資することができる投資信託もあります。

米国以外にもある程度分散投資しておけば、間違いではないです。

米国への比重をどれくらいに重きを置くかによりますが、先進国株式型の投信だと6割ぐらいが米国だったりします。

 

それを参考にしてもいいですしもっと比重を減らして半分を米国残りをそれ以外の地域とすることのもいいでしょう。

複数のETFに投資してそういった調整することも可能です。

 

米国株式限定で投資する風潮

米国

 

分散投資が投資の王道であると思っています。

同時に、米国株式と先進国株式に投資することが現状では最適ではないかとぱぺまぺは考えています。

永久に成長していくようなそんな夢のような国が米国だったらいいですが、残念ながらそうではありません。

 

かといって米国以外に第2の米国になりえるような国が他にもあるかというと今のところ見当たりません。

米国一強といっても仕方がない情勢です。

 

ですがそうであっても単一国投資はよろしくありません。

 

世界がこけても米国は無事かもしれませんが、米国がコケれば世界もこけるというそんな状況だから、米国にだけ投資しておけばとりあえずOKという風潮が生まれるのも仕方がないです。

 

ぱぺまぺにできるのは、単一国投資をしないが米国はメイン、中核として投資することです。

分散投資の観点から先進国株式にも投資します。

 

仮に米国が凋落し、先進国株式のどこかが米国の代わりかそれに準ずるちょな存在になってくれればという淡い期待を持ちながら先進国株式に投資しているわけです。

 

米国株式+先進国株式

 

そんなこといいつつも、ぱぺまぺは結構米国株に資金を投入しています。

 

  • VOO・・・S&P500ETF本家。外貨建て用資産。超安定運用。
  • 1655・・・S&P500の円建て用ETF。一口あたりが超お手頃価格。
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)・・・つみたてNISA対象でメイン銘柄の1つ。
  • 楽天・米国高配当株式インデックス・・・つみたてNISA「非」対象。S&P500投信の保険の1つ。
  • 楽天・全米株式インデックス・・・S&P500投信の保険の1つ。
  • iFree NYダウインデックス・・・つみたてNISA「非」対象。S&P500投信の保険の1つ。
  • eMAXIS Slim先進国株式・・・つみたてNISA対象でメイン銘柄の1つ。米国以外の投資先。

 

上にはのせませんでしたが、VGKという欧州株式特化のETFにも投資して先進国株式の比率調整しています。

米国株式だけ集中投資したい欲バリバリでてますが、そこをぐっとこらえて他の地域にも投資していきます。

 

個人的に投資の最適解の一つには、「米国に投資すること」というのはあると思っています。

米国に投資しておけば大丈夫とまではいいませんが、それでも米国に投資するのは最適です。

 

投資をやっていて思うのは、米国を避けては通れないなという感じですね。

株式投資においてざっくりと分類すれば、

  • 米国株式
  • 先進国株式
  • 日本株式
  • 新興国株式

です。

 

世界株式でさえも米国が半分入ってる

 

仮に、米国株式投資がイヤで、じゃあ米国株式を含めない商品を買えばというとその場合と米国を含めた場合のリターンと比べてどうなのかなという感じなんですよね。

 

これが10年後、20年後、30年後には米国に投資するのは実は誤りだった、というパターンもありますが、それは現時点の状態で判断するしかありません。

先進国や新興国、日本がこけたとしても米国はそう大きな影響はなさそうですが、米国がコケれば世界中がコケるというこの世界。

 

つまるところ投資先においては、米国を避けては通れないです。

米国が全てというわけではありませんが、それぐらい今の時点で米国は重要な投資先であることは間違いないです。

VTのような世界株式ETFでさえ米国が半分以上含まれています。

 

VT-公式

 

上記のとおり、半分以上米国が占めています。

どんだけ米国が強いねんって感じです。

だからぱぺまぺはメイン投資としては米国株式でありますが、 分散投資も大事だと思っているので米国単一国投資するつもりもなくて、先進国株式投資もしています。

 

とはいえ、先進国株式で個別株を買うのは少々資金的に厳しい。

だからそういう時こそ、リートや、ぱぺまぺは投資していませんが、

  • 債券
  • コモディティ

 

などに投資してみたり、

  • 現金の比率を多くしておく

 

とか対策をすることもできます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。