配当金と副収入は投資に回しておこう

配当金と副収入 投資戦略

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは社畜で得た給料で投資をやっています。

ぱぺまぺについては⬇でおおざっぱに紹介しています。

ぱぺまぺについて

・手取り20万円に届かない低年収 →少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型 →2018年7月から1日1記事更新、コツコツやって200記事達成

・低年収な社畜✕投資家✕ブロガー

 

ぱぺまぺは労働収入で投資資金を得ています。

わずかな資金で投資して、保有した銘柄から少額ながら配当金をもらっています。

 

そんな配当金ですが、他の何にも使わずに投資に回した方がいいです。

副収入があるなら、それも投資です。

 

そのほうが、資産増大のスピードが上がります。

配当再投資戦略は少額投資家でも使える

 


配当金再投資戦略とは、カンタンにいえば、株式やETFなど金融商品に投資すると、配当金がもらえます。

 

その配当金をまた株式やETFに再投資してしまう、という投資手法です。

 

配当金をもらったからといって調子に乗ってムダ使いしたくなりますが、それよりも再投資してしまったほうがのちのち良いんですけどね。

 

投資元本を大きくしていけば、もらえる配当金の額も徐々に多くなります。

 

ぱぺまぺは少額投資家なので、もらえる配当金は少ないです。

ですが、高配当でかつ銘柄をあまり分散させずに投資すれば株数増大させることができます。

配当再投資の例 1655ETFの場合。

配当金再投資

ぱぺまぺは、米国の大型株500銘柄のベンチマーク、S&P500に投資するETFの東証上場版1655に投資しています。

 

1655の株価はだいたい1口2000円前後です。

ぱぺまぺのように資金が少ない投資家でも、2000円前後でS&P500に投資できます。

 

2000円ぐらいだったら余裕で出せます。

1655の配当金は、最新のものだと1株19円です。

100株保有で1900円です。

 

1口だけでは19円しかもらえないので再投資してもほとんど意味がありません。

 

ですが、これが例えば100株保有していれば、1900円配当金がもらえる計算なので、1900円あれば1口2000円程度の1655のほとんどを賄えます。

 

ぱぺまぺは月に2~3株ずつ1655に投資しています。

コツコツ投資すれば100株なんてすぐです。

 

配当金もらえれば、毎月2~3株購入のうちの1株を配当金で賄うことができます。

 

すると、資金的に余裕があるので余計に1株買えるわけですね。

 

そんな感じで

  1. 株数積み上げ
  2. 配当金もらう
  3. 配当金を再投資して株数積み上げ
  4. 配当金もらえる額が多くなる
  5. さらに再投資

 

ってかんじでやっていくと効率よく資産増大できます。

 

もっと高配当な銘柄でやってもいいんですけどね、そういうのに限って1株あたりの単価が高かったりとかするんで・・・。

 

1655は、

  • S&P500指数に投資する銘柄で、鉄板投資対象。
  • 1口あたりの単価が安い
  • 同類商品の1557のようにのちのち大きく成長するかも?
  • 100株程度保有しただけで配当金だけで1株買えるぐらい賄える。

 

というわけでちょうどいいんですね!

他の指数で低単価のものは他によく分からないので・・・。

 

ぱぺまぺが実践している方法を例にあげてみました!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。