紙の本から電子書籍に移行した

スキルアップ・自己改善

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは趣味が読書です。

最近は電子書籍を読むようになりました。

 

紙の本が好きで、あと紙独特の匂いといいますか、ああいうのも好きだったので 紙媒体の方をとても気に入っていたんです。

でもちょっと試しに最近電子書籍の方に移行したんですね。

 

紙の本から電子書籍にして良かったこと

 

電子書籍になっていてよかったのは、

  • 圧倒的に部屋の場所が空くこと
  • 掃除がめちゃくちゃ楽になる
  • 引っ越しが楽になる
  • Kindleに入れておけば寝ながらでも違う本を選べる

ということですね。

 

なかなかやることが多くてじっくりと本を読む時間がなくおろそかになってきてたんですよね。

自宅には買ったはいいもの買って満足、 読まないままの本が何百冊も多分1000冊以上は置いてあったんですよね。

 

いつか読もうみたいな。

しかしそのいつかは永遠に訪れないとぱぺまぺは思って考えを改めたんですよね。

 

思いっきり断捨離しました。

多分2000冊以上はあったと思うんですがもう大半は売却し一部は自炊、電子書籍で買い直ししました。

 

見た目の素材よりもコンテンツの中身が大事

 

まあ確かに紙もいいんですが、素材よりもやはり肝心なのはコンテンツの中身と言いますか。

中身が重要なので紙でも電子書籍でも別にどちらでもって感じです。

 

kindle paperwhiteに入れて読むようにしています。

そうすることで携帯で読むよりも気が散らないですね。

本を読むことに集中できます。

 

Kindleに本を入れられるので、場所を取らなくなったのは大きいですね。

おかげでぱぺまぺの部屋めちゃめちゃすっきり、きれいになりました。

 

それにいざとなれば 引っ越しの時も本に関しては Kindle に入れて持ち歩くだけでOK。

 

積読を解消したのが一番の収穫

 

読むか分からない本をいつまでも置いとくのが非常に空間がもったいないです。

まあいつか読むかはしれませんがそれが2~30年後の話かもしれないし。

 

そう考えると、自分の部屋に本が占有している状態はあまりよろしくないのかもしれないです。

ましてや地震の時に本棚が倒れて下敷きなって死亡なんてことも考えられます。

 

思い切って紙の本を辞めてKindle、電子書籍でる読むようにしてみました。

最初は電子書籍なんて、と思ってたんですが今は結構なんとかなるもんです。

 

ほとんど慣れの問題でした。

 

紙の本は紙の本なりにいいところもあるのですが、

  • Kindle で持ち歩くだけで何冊も本を管理できるようになること
  • 場所を取らない
  • 掃除が楽
  • 引っ越しも楽
  • 紙だろうが電子書籍だろうが中身は変わらない

 

のでしばらくはこれでやっていこうと思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。