ETFの代替としての投資信託

投資信託

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

投資をするときにいろいろな投資商品があります。

超ざっくりやりやすい投資をあげると、

  • 個別株投資
  • ETF
  • 投資信託

 

これらがあげられます。

個別株投資は、投資初心者にはリスクが高いです。

なのでETFか投資信託かは始めるのがベターです。

 

国内モノのETFは、海外ETFに比べて流動性が低いです。

なので、投資するなら海外ETFなんですが、外貨での取引となるので少々めんどう、と感じるかもしれません。

 

となると、最もお手軽に投資できるのは投資信託、という感じになります。

投資信託は、ETFの代替として投資します。

 

ETFの代替として投資信託を買う

投資


海外ETFでの投資がめんどう、と感じるなら投資信託がいいかもです。

投資信託は、

  • 100円から投資可能
  • 少額投資で分散投資できる
  • ETFよりコストは高い
  • 積立投資設定できる

 

という感じです。

今はかなり低コストな商品がそろってきていますので、別にETFじゃなくても投資信託で十分代用はできます。

 

具体的なETF代替品の投資信託

投資

具体的な商品ですが、いくつか例にあげます。

米国の大型株500銘柄の連動指数S&P500のETFが、有名どころでは

  • VOO・・・バンガードS&P500ETF
  • IVV・・・iシェアーズコアS&P500ETF
  • SPY・・・SPDR S&P500ETF

があります。

こちらの代替品としての投資信託は、

  • emaxis slim 米国株式(s&p500)

 

になりますね。

ちょっと前まではS&P500に投資できる投資信託はありませんでした。

 

NYダウ30種の指数連動型ETFでは、

  • DIA・・・SPDR ダウ・ジョーンズ工業株平均ETF

 

があります。

こちらの代替品が、

  • iFree NYダウ・インデックス

 

になります。

つみたてNISA対象商品ではないので、特定口座にて運用することになります。

DIAのほうは毎月分配金がでますが、投資信託はでません。

 

米国の小型株から大型株まで網羅した、

  • VTI・・・バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

という米国市場まるっと投資のETFがあります。

 

こちらの代替品が、

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド

 

ですね。

こちらもS&P500投信と同時期に出てきた商品です。

米国投資系の投信が増えてきてうれしいですね。

ETFのほうは基本的に配当金はでますが、投資信託のほうは配当金でません。

 

米国の高配当株だけ抽出して構成されるETF、

  • VYM・・・バンガード・米国高配当株式ETF

があります。

 

高配当株式にまるっと投資ならこのETFですね。

こちらの代替品が、

  • 楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド

ですね。

まさかVYMの投資信託が登場するとは思いませんでした。

高配当戦略をとれますが、投資信託のほうは配当金がでません。

 

ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカなど新興国株式に投資するETF、

  • VWO・・・バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

があります。

 

こちらも、

  • 楽天・新興国株式インデックス・ファンド

があります。

 

ざっくりあげましたが、他にもVTやQQQ、今回は海外ETF対象なのであげませんでしたが、TOPIXや日経平均も投資信託があります。

まとめ

⬆でみたように、ムリにETFに投資しなくても代替品となる投資信託がたくさんあります。

まずは投資信託から投資をはじめて、慣れてきたらETF、という感じでやっていく方法がよろしいかと。

 

ちなみにぱぺまぺも、

  1. 投資信託
  2. ETF

 

という順番で投資してきました。

だから両方とも保有しているんですね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。