個別株投資より、ETFや投資信託のほうが安心

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

個人的に、個別株投資よりもETFや投資信託に投資した方が安心感があります。

コロナショックのような暴落・下落相場になっても、追加投資したいと思えるのは個別株買うよりもETFや投資信託の方だったりするんです。

 

投資のしやすさ的に。

 

個別株よりETFや投資信託で無難に投資

 

いかに配当利回りが高くなっていようが、個別株、企業ではちょっと投資したくなくなってしまうんですよね・・・。

投資初心者も、これから投資をやろうと考えている人も、まず最初に何に投資するかといえば個別株よりもETF、ETFよりも投資信託のほうをおすすめしますが。

 

ETFでも投資信託でもどちらでもいいんですが、投資する環境というか、仕組みが充実しているのは投資信託のほうかなという感じです。

積立投資の設定をし、つみたてNISAという非課税投資の制度がありますので、 つみたてNISA対象の投信に投資をひたすら続けていけばいいです。

 

個別株投資はリスクが多い

 

ぱぺまぺが投資をやっていて思ったのは、 上昇気流に乗っている時は普通に投資できるのは当たり前ですが、暴落・下落相場に対しても同様に投資できるような心境でなければならないな、と思ったわけです。

そうなった場合に、投資する商品として投資しやすいのは、個別株よりもETFや投資信託の方が安心、ということでした。

 

個別株の場合は

  • 企業の倒産リスク
  • 減配リスク
  • 企業のスキャンダルリスク

などあります。

 

株価が大幅に下落して、めちゃくちゃ配当利回りが高くなったりはするんですが 、そこで投資ができるかというとなかなかそうはいかないんですよね。

心理的ですけど。

減配のリスクはETFもあるかもしれませんが。

 

ETFは、分かりやすくいえば個別株の集合体のような商品です。

 

なので、1つや2つ企業が倒産してもまだ残りでカバーできるというのはあります。

個別株はそれがないから余計心配なんですよね。

 

無難に投資できて継続することが大事。

 

投資信託もETFも商品自体が分散されているので、心理的な安心面ではこちらの方が軍配が上がります。

うまくやれば、実は個別株の方が資産形成は早いかもだし、大きくなる可能性も高いです。

 

しかし無難に資産形成できるという観点でいえばインデックス投資の方が勝ります。

 

複数の銘柄に分散投資と同じ効果が得られる、という意味ではこちらの方がいいんですよね。

なので資金が少なく、かつ分散投資もでき、無難に勝てる投資信託やETFの方が投資継続する上では安心かなという感じです。

 

投資は上向きも下向きも同じように考えなければならないし、下落局面だからといって上がるまで待っていてはそれこそ機会損失です。

下落時も同様に、いつも通り投資していく状態も必要なのです。

 

その状態に持っていくためには、商品選びも結構重要です。

だから個別株よりもETFや投資信託の方に投資していた方が上昇時も下落時も関係なく投資継続しやすいんではなかろうか、と。

 

有名な米国株投資家やTwitterで見かける米国株投資家のポートフォリオを真似して個別株投資をしてもいいのですが、自分とその投資家は違いますし、経済状況、収入状況、投資に回せる資金全てが違いますのであえて真似する必要はありません。

自分だけのポートフォリオを作って淡々と投資をすれば良いだけです

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。