仕事が忙しくてもほったらかし投資は可能です。

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、インデックス投資をメインとしてやっています。

ETFのほうはともかくとして、つみたてNISAのほうはほとんどほったらかしです。

 

証券口座への入金さえ忘れなければ、ほぼ放置です。

仕事がどんなに忙しかろうが、ほったらかしできるのがいいところですね。

 

仕事が忙しいが、資産運用は勝手にやっている

 

 

 

社畜自慢ではないんですけどね、こういう仕事がクソ忙しくても資産運用、投資はほったらかしでもいけます。

 

帰ってからの時間もないし、忙しくて疲れてポートフォリオを確認する暇もないんですけど、ほぼ放置でOKです。

 

お金に忙しく働いてもらい、キャピタルとインカムを得る

投資経験

お金にも社畜のごとく働いてもらい、キャピタルゲイン(売買益)とインカムゲイン(配当益)を得ます。

 

とくに、インカムのほうはこれぞ資産運用、投資の醍醐味です。

得た配当金は保有銘柄に再投資することでさらに株数を増して、配当金が増えて、、、ということができます。

 

資産運用にブーストをかけることができるわけですね。

 

仕事が忙しくても配当金は入ってきます。

すばらしいですね。

 

とはいえ、ぱぺまぺは配当金がでない投資信託をメインでやっているので配当金を得る醍醐味というものはあまり感じませんね。

 

しかしキャピタルゲインは狙えます。

最も数十年後の話になりますが・・・。

 

ぱぺまぺは貯金のように、まるで銀行口座に給料の一部をいれるがごとく投資しています。

ただそれだけで将来使えるお金を増やせるわけですから、

 

毎日の値動きは、気にしないこと

含み損辛い

基本的には、投資成績を一度確認する程度でOKです。

今日は黒字だな、今日は赤字だな、みたいな。

 

市場の値動きは、こっちで管理することができませんので。

いちいち数字を気にしていたらそのぶんだけ時間が損です。

 

とはいえ、含み損が辛いときもあります。

それについてはこちらの記事でも書いてます。

含み損辛い

含み損が辛い時の対処法は、無視かマイルールの2つ。

2019年6月11日

 

こんなもんは天気予報といっしょだと思うことにしましょう。

 

ぱぺまぺは、仕事が忙しすぎてポートフォリオ確認も最近は2,3日に一回ぐらいになってます。

成績は特に気にしません。

 

だって、投資信託にしろETFにしろ保有銘柄売るのは2~30年後の話なので。

「今」の成績を気にしてもしょうがない、と思うことにしています。

 

定年間際になったときに、投資成績は気にするかもしれませんが。

ただ、そのときは長期投資×複利でおそらくは良い成績を残しているはず、です(たぶん笑)

 

そんな感じで値動きは気にせずにいくら仕事が忙しくて休みがなかろうが、ほったらかし投資可能です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。