投資に対する恐怖心を失くす

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

経済の勉強、投資の勉強なんてそもそもそういうところの学校とか行かなければ多分しないと思います。

専門的にそれをあえて専攻する人というのは、なかなか少数派です。

だからいざ自分で投資をやろうかなと思った時に周りでだれもやっていないから投資やらないみたいな。

 

それでも、難しく考えなくても投資できちゃうのが投資のいいところです。

まだ投資をやったことがないけど、興味はある人はお試しでいいからやってみるといいです。

悩んで悩んで、結局やらずに先送りするパターンが割と多いです。

 

とりあえず投資をはじめてみる、というのにも以下の3つの理由があります。

 

  • 投資は早く始めたほうがいい
  • 投資に対するマイナスイメージを払拭できる
  • 金銭感覚やマネーリテラシーが変わる

 

※いくつかの過去記事を統合しました。

 

みんなが思ってるほど、投資は難しくない。

 

投資はカンタンではないですが、難しくはありません。

投資の勉強、経済の勉強なんてほぼほぼしていないぱぺまぺでさえやっているのですからだれでも出来ます。

ぱぺまぺが今までやった投資は、

  • 投資信託(株式、債券、リート)
  • 国内ETF、米国ETF(株式、リート)
  • 国内株、米国株
  • ソーシャルレンディング
  • ポイント投資

 

いろいろやりましたが、すべて理解してからやっているわけじゃありません。

とりあえずまずはやってみて、、、という実践から入ってます。

一応、やる前に軽く下調べはしますがね。

 

投資信託の商品で買うときにみかける、シャープレシオだとか標準偏差だとかベータとかアルファとか、そういうのも理解していません!笑

投資家としてはちょっとお粗末すぎて恥ずかしいレベルなんですけど、それでも投資できちゃうんですよね。

 

知識はなくとも、お金さえあれば投資できるのも事実

 

ぶっちゃけ知識はなくともその商品、例えば投資信託やETF、個別株など商品を買うだけの金があれば投資できちゃうのが 現実なんですけど。

そんな未だに色々分かってない投資家のぱぺまぺですが、ぱぺまぺが見ているのは、投資信託の場合ですと、

  • 純資産総額
  • 構成銘柄
  • 構成セクター、業種
  • 構成国
  • コスト

 

あとは、さらっとチャートを眺めぐらいでしょうか。

 

自慢することではないですが、この程度でも投資信託もETFも個別株も資金さえあれば投資できちゃいます。

投資信託の場合だったら、積立投資設定さえしておけば、1年も2年も、なんなら5年も10年もできます。

 

知識もなく投資をはじめたぱぺまぺ自身が、1年も2年も投資継続できていますし、今の感じでいけばあと5年も10年もだいじょうぶそうです。

投資の勉強はそれでもしたほうがいいんでしょうね、しないよりましです。

 

投資信託に限れば、投資をするのに大量の資金を要することもありません。

100円から投資できるので、投資信託だったらめちゃめちゃ資金少なくてもできます。

 

必要なのは証券口座を開いて、この手始めに投資信託を買うことが投資の第一歩になります。

お金がないから投資はできない、は投資信託を安く買えるのでその問題は解決していますので、あとは証券口座を開くだけです。

 

可能な限り、投資ははやく始めた方がいい。

 

投資は、若いうちに始められるのであれば、そのほうがいいです。

 

時間が味方です。

ぱぺまぺは30代になってからようやく投資に目覚めたのですが、もう少し早く目覚めてればよかったのに、と後悔しています。

 

投資は資産形成目的です。

それにはやはり長期的な目線で、時間をかけてやるものです。

 

将来的には仕事を辞めざるを得ないときが必ずくるのですから、収入がなくなりますよね?

収入がないと投資はキツイです。

 

なのでいずれは投資も辞めざるを得ないときがきます。

すると必然、時間的制限が生まれます。

 

20年投資する期間がある人と30年ではやっぱり差が出てきます。

そう考えると、早く投資を始めたほうがいい、という感じですね。

しかし、ここまでいってもそれでも投資をやらない人はわりといます。

 

それでも投資をやらない、いくつかの理由

 

まず考えられるのは、

  • 投資のイメージが悪すぎる。
  • 証券口座を開くなどの手続きが面倒。
  • そもそも投資をする発想がない。
  • 投資には、多額の資金が必要だと思われている

 

こんなところでしょうか。

貯金大好きかつ、ギャンブル大好きな日本人ですが、なぜか投資はあまり浸透していません。

ぱぺまぺのリアル周囲でも投資をしている人はまっっったく聞きません。

ギャンブルやっている人が圧倒的に多いです。

 

投資のイメージが悪い理由

投資=ギャンブルのイメージが先行しています。

 

パソコンのモニターをいくつも目の前にならべて、株価とかチャートとかにらめっこ。

頻繁に取引していて、失敗したら即大損!

 

みたいなイメージを浮かべている職場の人間がいました。

テレビとかでも投資に失敗して借金をつくった、なんて話を見たりするのも影響の一つでしょうね。

 

投資失敗=借金というイメージが作り上げられたりします。

 

そういうのって、FXとかの話ですよ。

ぱぺまぺはFXをやらないので詳しくはいえないのですが。

資金力以上の取引ができるのはFXの強みですが、下手をすれば資金力以上のマイナスをおうこともあります。

 

それと借金してまで投資をするとかね。

投資は余裕資金ではじめるべきです。

 

証券口座を開くのが面倒

いざ投資をしようかと思っても、案外この書類を書くのがめんどうだと思う人も少なからずいるでしょう。

 

  • NISAとかつみたてNISAとかなんやねん。
  • 特定口座とかなんでそんなになんちゃら口座とかいっぱいあるわけ?

 

とか投資をやったことないとそういう疑問も生まれます。

それを調べたり書類を書いたり、マイナンバー準備したり・・・それなりの面倒さはありますね。

 

投資をする発想がそもそもない

 

貯金か節約か。

もしくは、ギャンブルで一発大逆転!

という人がぱぺまぺの周りには多いです。

 

10年、20年先の資金ではなく、明日のお金がほしいから彼らはギャンブルに走るわけです。

 

だからそもそも投資をするという発想が生まれません。

発想がないから、投資の始め方とかも調べようともしません。

投資は多額の資金を要すると思ってる

 

投資信託ならば100円から始めることができます。

100円からだったら、ジュースを買ったつもりでお金だせますよね?

 

しかし、100円では資産形成はできません。

なるべく多くの資金を投じたほうが効率がいいのはたしかです。

 

100円から投資できるというのもそもそも知らないです。

少なくとも、ぱぺまぺの周りではですが。

 

投資をはじめれば、投資に対するマイナスイメージを払拭できる

 

こちらがいくら口でいっても、やっぱりなかなかやってくれないもんなんです。

一番いいのは、自分でやってみることなんですね。

 

そもそも投資をしてみようという発想にいたるのがなかなかいなかったりするのが現実。

やればわかる、という部分もあります。

 

少なくともぱぺまぺは、投資をする前に抱いていた、

  • 投資を始めるのに多額の資金が必要
  • 投資はギャンブル
  • 投資で失敗したら借金!

 

みたいなイメージはなくなりました。

 

投資をはじめると、金銭感覚、マネーリテラシーが変わる

 

元々ぱぺまぺの気質が貯蓄とか節約とか性に合っていた、ということもあります。

ですが、投資でマジでお金が増える(ただし含み益)んだ、というのも味わいましたし、その逆もしかり。

 

ぱぺまぺのような少額投資家でさえ配当金もらえますから。

その額がだんだん増える感じが良いんですよね。

 

投資は、種銭がないとできません。

なので、だんだんとムダな出費をしなくなってきたんですよね。

 

投資は試しでやり、失敗だと思ったらやめてもOK

リバランス

お試しで投資をやってみて、そのまま継続できればいいし、ダメなら途中で辞めてもいいんです。

それもひとつの勉強ですから。

 

ぱぺまぺだって投資で失敗したことありますよ。

例えば、

  • 高コストな投信を買っていた
  • 仮想通貨に投資していた
  • 高値つかみしてしまい、今も含み損のままの銘柄がある
  • 分散投資しすぎて管理しきれず売却した

 

こんな感じです。

3番目のやつなんか、今も保有中ですし、仮想通貨だって現金に換えずに含み損のまま保有中です。

 

ただ幸いなことに、これらの失敗は少額ではじめたことだったので、たいしたダメージにならなかった、ということですね。

やってみないとわからないこともありますんで。

 

一度やったら辞められないというわけではないんで、自分には向いてないな、と思ったら素直に辞めればOK。

 

とりあえず投資をはじめてみる、というスタンスではじめてみれば、投資は実はそんなに怖いものでない、というのはわかると思います。

 

  • 投資は早く始めたほうがいい
  • 投資に対するマイナスイメージを払拭できる
  • 金銭感覚やマネーリテラシーが変わる

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 




応援クリックよろしくお願いします。