だれでもできる、できない理由探し

社畜経験談

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

何か新しい挑戦をしようと思っている時に、何かにつけて、

  • できない理由
  • やれない理由

を見つけてくる人いませんかね?

そういう人とは話していても何の生産性もないしつまらないので離れた方がいいです。

ないものづくしを改善していく

2020年7月5日

 

できない理由探しよりも改善策を出してほしい

  • ◯◯だからお前はやれない
  • 性格がこうだからできない
  • 普段の生活態度が◯◯だからできない

みたいな感じですね。

ちょっとうんざりするくらいなんですけど、それを見つけたところで、何の生産性もありません。

失敗をして欲しくないからいっているのでしょうが それも度がすぎると少々お節介が過ぎます。

できない理由を挙げるなら、こうすればどうだろうとできる方向に、改善する提案をしないとフェアではありません。

できない理由を並べるのは簡単

できない理由を、これからやろうと思っている人に対して言うのは少々どうなのかなと思います。

できない理由を見つけて相手のやる気を削ぐよりも、頑張れよとか、それでも応援するとか、こうした方がうまくいくかもしれない、みたいな提案をしてもらいたいものです。

初めから、まだ何もしていない状態の時に、いやお前には無理だよ笑みたいな感じでいわれると、腹が立ちませんかね?

まったく何の準備なしに挑戦をするのだったら確かに気持ちは分かりますが。

別にそういうわけでもないですし。

 

ぱぺまぺが転職するときも同様でした。

 

異業種未経験からの転職なので、たしかに人から見れば無謀と思われてもしょうがないでしょう。

 

しかし他所の会社ではやっていけないとか、性格的に赤の他人とやっていけないだのなんだのかんだの、辞めるのをやめさせようとしてくるわけです。

 

当の本人は、失敗してもいいから、それをやってみたいという気持ちはめちゃくちゃあるし、やってみないと正直わからないところもあります。

 

まさにやってみないと分からないので、うまくいくか失敗するかも分かりません。

ですがやりもしないうちに、最初から 失敗する理由を並べ立てるのは、本当につまらないです。

 

悩むよりも行動する

 

ある程度スキルを高めるために勉強したり試してみて、それを毎日継続してみたりとか自分の場合はいくらでもコントロールできるんですよね。

 

初めからできないと思って、思い悩んでいて何も行動しないのではいつまでもできません。

自分の人生ですから、やりたいことをやりたいし、仕事だって趣味だってできることをやりたいことをやりたいものです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。