固定費を見直す方法

固定費 見直し 保険&節約

スポンサーリンク







貯金の重要性

どうも、ぱぺまぺです。

貯金があると心の安心感というか心の余裕というんですかね?

それが違います。

 

やっぱり備えがあると違いますよ。

これだけ使っても、ぱぺまぺの懐にはまだ金がある・・・!

 

ちょっと強気になってしまいますよね。

お金は使わないですけど。

 

知り合いに、貯金もなくその日暮らしみたいな給料でやっと生活している人がいます。

蓄えがそもそもないので、ちょっとした贅沢もできません。

 

むしろそれをすると命取りみたいな。

 

生活かかってまで贅沢するか、となると蓄えがないためにできないわけです。

そうならないために、以前から労働し、節約し、貯金しなければならないわけです。

 

生きている以上、お金は使うし、消費するわけですから。

蓄えがない人に今からでもできることをすれば、貯金できます。

 

ぱぺまぺ自身もかつては、貯金がほとんどなかった時期がありましたから。

貯金法

貯金のススメ

2019年2月27日

 

収入< 支出を辞めよう

当たり前ですけど、収入以上の支出を辞めないと、絶対に貯まりません。

 

そんなこと分かってる!

 

という声が聞こえてきそうですが、実は案外これが難しかったりします。

 

主な出費

  • 日々の雑費
  • 趣味にかける費用
  • 交際費
  • ガソリン代
  • 生命保険料
  • 税金
  • 電気・ガス・水道など生活を維持するための費用
  • 賃貸なら家賃、持ち家ならローン返済費用
  • 携帯電話等通信費
  • 借金返済

などなど。

 

ぱっと思いつくだけでこれだけの費用があるわけです。

(他にもいろいろあるとは思いますが)

それらを収入でまかない、次の給料までつないでいくわけです。

 

無計画だとよく起こりえるのは、

  • 高額な生命保険に加入
  • 高額な携帯電話通信費用
  • あまり必要性がない交際費
  • 贅沢しすぎ、無駄な買い物の積み重ね

など。

 

こういう小さなことが積もり積もると、気がつくと収入でえた資金を圧迫してしまうのです。

なので、これらの項目を少しずつでもいいから削る作業が必要なんです。

 

例えば、

  1. 高額な通信費 → 格安スマホに切り替える
  2. 高額な生命保険料 → 不要な生命保険を解約、プランの見直し
  3. 日々の雑費、趣味 → よけいな買い物をしない。好きなものをやめる。

 

特に、好きなものをやめる!というのがなかなか決断できません。

 

だって好きだから。

 

ストレス解消だから。

 

それはわかりますけどね。

 

でも、好きなものでもこれは辞めたほうがいい、控えたほうがいいというものがあります。

 

それは、ギャンブルとタバコです。

タバコとギャンブル

ギャンブルとタバコをやらずに投資をやる

2019年3月9日

 

ぱぺまぺ的には無駄以外のなにものでもないです。

好きな人からはいろいろ反論きそうですがね。

勉強のためにやるのはいいけど、それ以上はちょっと、ですかね。

 

固定費を見直してみる

 

例えば投資資金をどうやって月々の収入から捻出するか、ですが。

まず支出、固定費の確認するところからはじめましょう。

なにか削れるところがあるかもしれません。

 

家計簿を付けている人は、家計簿の項目を確認すれば、なににいくら使っているかわかります。

つけていない人は、これにお金を使っているなと思うものをあげてみてください。

この把握が大事なんです。

 

無駄遣いしている人は、案外何にいくら使っているのかつかんでいない人が多いです。

 

固定費の削減ができれば、家計は大いに改善します。

 

 

上の図は、ぱぺまぺのとある月の超ざっくりとした固定費と変動費の内訳です。

固定費が大半をしめておりますね。

 

一度自分の毎月の出費項目を仕分けしてみると、こういうのもわかるのです。

 

ぱぺまぺの家計簿の固定費は、

 

  • 各種税金
  • 奨学金返済
  • 家賃等
  • 生命保険料
  • 通信費

 

となっています。

 

これらを削減するには、それぞれの項目別に対策が必要です。

 

奨学金返済と国民年金について

奨学金は毎月一定額、しかも超長期で返済しなければなりません。

ローン返済のようなもんですね。

 

奨学金は、まあ借金ですよ。これ。

税金みたいに支払いが永遠に続くわけではないんで、それがせめてもの救いですね。

節約もなにもないので、せめてできることは、一部繰り上げ返済するぐらいですかね。

利息分だけ得します。

 

まとめて返済するか、コツコツ返済するか。

もしくは一部だけまとめて返済などいろいろ方法はあります。

 

日本は将来的にインフレになるといわれています。

借金は、インフレによって目減りします

 

なので、利率が低いのであればできる限りゆっくり返済するのがベターです。

まあ、早く返済したほうが精神的にも楽ではありますがね・・・。

奨学金返済 途中経過報告 2019年1月

2019年1月8日

 

ちなみにぱぺまぺは、うまくいけば2019年中に奨学金完済できそうです。

 

ぱぺまぺは、免除手続き済みの払っていない国民年金があと2年分ぐらいあります。

それを今になってちょっとずつ払っています。

奨学金や追納分国民年金は、いずれ支払いが終わるものです。

 

年金は、いずれ自分に返ってくるものなので、一つの投資商品として見てます。

支払った分は、全額控除の対象なので一月に一回分ずつでもいいから支払うようにしてます。

 

生命保険料の削減と節約について

加入した保険によって大きく変わります。

  • 保険の種類
  • プラン
  • 特約
  • 年齢

 

などこれらの要素によって金額も大きく変わります。

最近では、健康状態、タバコを吸うか吸わないか、などによっても選べるプランが変わってきたりします。

 

生命保険は、自分の収入やニーズに合わせて加入するべきです。

だれかに進められたから加入したとか、商品の内容がよくわからないけどとりあえず加入したとか、そういうのは後々自分が困ることになるので辞めたほうがいいです。

 

ぱぺまぺはそれで失敗しました。

 

生命保険料の削減は、

  • プランの変更
  • 不要な保険の解約

 

また、毎月支払いよりも年払いにしたほうが、ほんの少しだけ毎月払いよりも保険料が安く済むこともあります。

 

ぱぺまぺは、

  • 終身医療保険
  • 低解約返戻金型終身保険

 

の2つを思い切って解約しました。

生命保険について

生命保険の見直しについて

2019年3月7日
共済保険

県民共済は掛け金が安くて庶民の味方かも。

2019年1月1日

 

どちらも知り合いにすすめられて若いときに加入してしまったものです。

現時点では、辞めて正解でした。

元本割れしてでもいいから解約する。

ぱぺまぺ的にけっこう勇気いりましたけど、このままだらだら契約し続けて割高な生命保険代をあと30年も支払い続けること考えると、ね・・・。

 

解約した代わりに安い掛け捨ての生命保険に入りました。

この見直しで4~5000円は安くなりました。

 

本当に必要なものだけ残し、余計なものは解約してしまいましょう。

 

通信費の削減と節約について

携帯電話機種代金も、最近高くなってきています。

これの分割払い金に加え、基本料やオプション、データ定額プラン等の組み合わせで携帯代一月に2~3万とかになってしまいます。

 

以前はauのスマホのみ使用していました。

現在は、格安スマホとauの中古ガラホの2台を使っています。

 

ただし、格安スマホは通話ができない仕様にして、ネット専用機。

そしてauの中古ガラホは、通話とSMSのみ使用可能にして、インターネットが使えなくしました。

(ちなみにカケホーダイです。)

 

そういうふうにプランを組みました。

auなどの大手携帯電話キャリアは、データ通信費が高いです。

(例:5GBで5000円など)

 

逆に格安スマホは、ネット専用機にすれば、めちゃくちゃ安いです。

ぱぺまぺは、みおふぉんを使っていますが、3GBで1000円いきません。

 

携帯電話を用途別に使い分けて2台使用していますが2台であわせて月々の支払い4000円弱です。(2年分割支払い終了済)

かつてau1台のみを使っていたときは、毎月10000円以上支払いにあてていました。

 

最初は2台持ちとかめんどくさいと思ってましたが、通信費が5000円以上浮いたのは大きいです。

  • ガラホは大手キャリアのカケホーダイプラン。ただしネットは使えない。・・・データ定額プランなし。
  • 格安スマホでネット専用。・・・電話できない。LINE通話は可。

通信費の節約なら、格安SIMで!

2018年12月6日

 

つまり通信費を削減するには、

 

  • 不要なオプションを外す。
  • データ定額プランを1つ~2つ下げる
  • 高額な新機種を買わないようにする。(1~2世代前の機種を買うなど)

 

という感じです。

 

格安携帯、格安SIMに乗り換えるのが手っ取り早いです。

 

auをはじめとする大手キャリアに比べれば若干通信の点で不安がありますが、通常使用にはまったく耐えられます。

 

病院代、薬代について

 

人によっては、これも固定出費の場合もあるでしょうね。

ぱぺまぺの場合ですが、まず病院代は、身体が資本なので体調管理に気を付けるのが一番です。

 

病院はよっぽどひどいときか、歯医者だけにしています。

(歯の痛みだけは我慢できない(笑))

 

歯も体調もですが、そもそも健康的に過ごすことができれば、それが一番の病院代節約になります。

病院に通う時間や初診料とかもろもろ節約になります。

クレジットカードの引き落としについて

ネットショップ等で買い物したもの、雑費の部分が含まれます。

なるべく必要なものだけ買うようにしています。

 

気をつけるべきは、〇〇セールだの、なんちゃら還元祭!だの、今なら対象商品買うだけでポイント〇倍!!みたいなのにつられて買い物しないことですね。

セールとかお得とか弱いですからね、人間。

 

ぱぺまぺは、リクルートカードと楽天カードを使用しています。

 

リクルートカードは、クレジットチャージからのnanaco払いで年金を払い、楽天カードは、普段使いのカードです。

クレジットチャージをすることで、税金を払いながらポイント分だけ得します。

楽天カードは、楽天スーパーポイントが入りますので、それで投資信託を買うのに使っています。

ポイント

クレジットカード+nanacoカードで税金払ってポイントもらおう。

2018年7月23日

楽天証券で、投資信託20銘柄に格安投資する!

2019年1月12日

 

 

その他雑費の支出について

飲食代や趣味に使うお金です。

 

少しでも支出を抑えるならば、

  • タバコやギャンブルはやらない
  • コンビニや自動販売機を毎日利用しない。
  • 衝動買いをしない

 

これだけでけっこう支出を抑えられます。

また、抑えてばかりではいつか爆発してしまうので、クレジットカード払いで得たポイント等でネットショップで買い物します。

 

ストレス発散ってやつですね。

 

ただし、ポイント欲しさに買い物ばかりしていたら意味がないのでそこは注意です。

 

支出の見直しまとめ

上記の出費項目のうち、投資資金を捻出するためにやったのが下の項目です。

  • 携帯電話代(スマホ)

→大手携帯電話+格安スマホで約5000円捻出。

 

  • 病院代

→健康的に過ごすことを心掛ける。

  • 生命保険代

→不必要な保険を解約。約2000円捻出。

 

  • その他雑費

→コンビニや自動販売機の使用を控える。

 

これだけで少なくとも7000円の余裕資金が生まれました。

特に通信費はけっこう効いてきます。

 

固定費見直しまとめ

  • 自分の出費を見直す
  • 削れるところは例え少額でも削る!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。