外貨建て・ドル建て資産の活用

投資信託

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは海外ETFに投資しているんです。

一応ぱぺまぺの中では生涯日本で生活すると考えていますので、海外で生活する予定は今のところ1mmもありません。

 

外貨建て資産を持つ意味は、

  • 通貨分散
  • 資産を増やせる
  • 配当金がもらえる
  • 外貨建てと円建てで通貨分散保有できる

 

ということに他なりません。

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

 

外貨建て資産は基本的に投資用のみ

 

普段日本で生活しているわけですから、リスクの分散という意味において国内以外の資産も持っておいたほうがいいだろうという考えのことから、外貨建て資産を持つ考えに至りました。

外貨建て資産を最もお手軽に替えるには、円を外貨に替えるだけ。

ですが、海外の通貨をそのまま持っていても通常は使いません。

 

日常で使うことはないんですが、そのかわり海外ETFや海外の個別株を買うのみに使用します。

先ほどもいったとおり円で生活している以上、円建てだけで資産を持つのはあまりよろしくはないです。

 

外貨を持つだけでは、銀行に寝かせてるお金と同じ。

 

ただ外貨は持つだけじゃなくて、外貨で投資して増やすという意味においては、個別株やETFに投資する使い道には有効です。

とりあえず日常で使わないから投資への使い道ということになります。

ただ外貨を持っていてももったいない。

それだけでは銀行に預けてある日本円と一緒です。

 

使わない外貨建て資産は、個別株やETFなど金融商品にかえて、運用に回すのが手っ取り早いです。

株に変えたからといって、外貨建て資産には変わりはありません。

 

株やETFにすれば、ただの外貨建て資産ももっと意味を持っていきます。

  • 資産を増やせる
  • 配当金がもらえる
  • 外貨建てと円建てで通貨分散保有できる

 

という感じでメリットがあります。

 

海外で生活するのを目的にしたり、海外の商品を外貨建てで買ったり海外によく行く、という人はそういう意味ではそちらもそちらの使い道がありますが。

ぱぺまぺはそこにお金は使わないです。

あくまでこれは投資用資金として使います。

 

外貨建て資産は、ある程度の期間の後に円建てにかえて使います。

外貨建てが優れているというわけではなくて、両方持っておくだけです。

 

ということでまとめると、外貨建て資産を持つ意味は、

  • 通貨分散
  • 資産を増やせる
  • 配当金がもらえる
  • 外貨建てと円建てで通貨分散保有できる

 

円建て以外にも資産をドルに分散しておく

 

米国株

 

  • 将来使うための円建て資産を守るため

 

「円」は海外からみても安全資産といわれています。

海外で景気が悪くなると円が買われて、超円高になったこともあります。

 

下は過去ツイートですが、

 

外貨建て(ドル建て)資産を持ってる意味は、と問われたら、円に対するリスクヘッジです
海外で生活する予定は1mmもないのですが、基軸通貨を持つことは意味がありますよね

 

ぱぺまぺはそれでも外貨建て資産を保有するのは、そのうち円に戻して使う前提で投資しています。

日本で働き、給料をもらい、国内で生活するわけですから、めちゃくちゃ円に依存していますよね。

そして資産の全てをいわゆる円建てした場合は、万が一円にたいして何かがあった時に円建て資産のみだとリスクが高いからです。

 

世界の基軸通貨はドルであり、全世界の中でみれば「円」の市場はそれほど大きいものではありません。

世界の基軸通貨を持つことそれ自体も重要です。

国内のインフレに対するリスクヘッジにもなります。

 

日本でインフレになっても世界ではそうでなかったりしますから。

海外に資産を移して日本のインフレを回避するという策をとれます。

さらに、ETFや米国株などを持っていれば、配当金という形で外貨を得ることができますから。

 

投資をしないほうがリスクが高いと思う

投資の誤解

 

  • 投資はギャンブルだからリスク高くてできない
  • 投資が怖くててできない

という人がいます。

 

気持ちはわかりますが、ぱぺまぺからすれば、投資をやらないほうがリスク高いです。

 

現金資産に対するリスクヘッジが、

  • 債券
  • ETF
  • 投資信託
  • 外貨建てMMF

 

などありますが、こういった、現金以外の資産を持つことで、円以外の収入を得ることも可能だし、 長期的にみれば「円」として使う資産を守ることができると考えています。

 

 

ドル建て持ってても、最終的には円に替えます。

なので、ドル建て資産を持つのはある意味自分の円建て資産を守る意味も兼ねて、ドル建てに替えてる。

将来使うための円を、ドルに一時的に替えとく、という感じです。

 

ドルに資産をうつそうが、ぱぺまぺの場合は結局のところ日本で生活することには変わりはないので、いつかは円に現金化します。

つまり行き着く先は「円」なので、長期的にみて円建ての資産を守る意味で、外貨建てにしておくという感じです。

 

通貨としてドルで持っているよりもETFや株などにかえていた方が、インフレ対策や配当金なども手に入りますし、いざというときはすぐに売却して現金化することも容易です。

日本は将来的には緩やかにインフレに予測されます。

なので、銀行預金に預けているだけではだと、将来預けていたお金の価値は減っていることは確実です。

今100万円銀行に預けても、30年後にその100万円は「100万円の価値」がなくなっているかもしれないからです。

 

そういった状況に対応するためにも株やETFなど別なものに変えるなどの対策が必要になります。

とにかくギャンブルが好きでありつつも貯金が大好きな日本人ですが、なぜか投資はあまり浸透していないようなのは残念です。

 

将来のことを考えるならば現金をそのまま持っているのはかなり危険です。

なので、ぱぺまぺが外貨建て資産を持つ意味は、将来使うための円建て資産を守ること、につながるのです。

 

海外ETF投資用資金は、外貨積立を使う

 

ぱぺまぺが使っているのは、住信SBIネット銀行での外貨積立です。

こちらのサービスは、最安クラスの手数料で外貨に換えることができます。

 

住信SBIネット銀行外貨積立

住信SBIネット銀行ー外貨積立

 

通常の為替コストは、米ドルの場合は、

通常投資為替コスト

  • 1米ドルあたり、4銭

 

米ドルを外貨積立で設定した場合は、

外貨積立投資為替コスト

  • 1米ドルあたり、2銭

 

というわけで外貨積立にした場合は、手数料が半分になります。

こちらのネット銀行は時々キャンペーンをやったりしているので、この手数料が安くなるとかなります。

手数料はなるべく安いほうがいいので、ぱぺまぺはこちらでドルを集めています。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。