プログラミングの基礎学習と応用

プログラミング勉強

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはプログラミング初学者なんですが、やっぱり勝手がわからないのでいろいろ勉強法とか模索しています。

 

基本的にはコードを見ながら実際に手で書いてみて動かしてみる。

エラーが出たらググって調べる。

解決したら次に進むという感じですね。

 

ぱぺまぺは、過去にテックアカデミーというオンライン型のプログラミングスクールを利用したことがあります。

そのときの感想記事が↓です。

https://engineer.ppmp556.com/techacademy-impression/

 

基本的なプログラミング学習は共通

 

ちなみに教材としましては、無料の動画を使ってもいいしある程度有料ですが学習内容がパッケージされたもの、体系的にまとめられたものを学習するという感じです。

 

初学者であれば、progateやドットインストールを使ったほうがいいです。

基本・基礎的な学習はその辺でだいじょうぶです。

どちらも基本的には動画とスライドを見ながらですがやることはいっしょです。

 

ついでにいうと、progateはローカル環境を用意して、スライドといっしょに並行して勉強するのがお勧めです。

 

コードは暗記しない

 

コードは、実際は暗記する必要はなくて、とりあえずこういう機能があるんだな、くらいの程度のことを覚えておけばいいです。

分からなくなったらググればいいだけの話ですからね。

実装したい機能とかコードは探せばいくらでもありますからね。

 

アウトプット学習について

 

インプットばかりではなくアウトプットもしましょうということですね。

初心者であるぱぺまぺは考えましたが、たしかに動画やスライド形式のもので勉強をしていますがいざ自分でなにも見ずにコードを書こうと思うと手が動かないことがままあります。

 

アウトプットとなるとなかなか難しいようです。

まだ基礎の基礎の段階なのになにかオリジナルのアプリとかWeb サービスを作れといわれても厳しいです。

アウトプットといってもどうすれば、、、と考えたのが動画やスライドで学んだコードの一部を改変してみることです。

例えば変数を変えてみるとか一部分を変えてみるとか、変えたら実際に動かしてみる。

そのコードをみて、それと似たようなものを作る。

ちょっと何か付け足ししてみるとか。

 

付け足すといってもコードを数行増やすとかそんな程度で十分です。

そういう風にやって行った方が頭に入るかもしれませんね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。