グローバル投資戦略 改訂

投資戦略

スポンサーリンク







インデックス投信でグローバル戦略

どうも、ぱぺまぺです。

米国株ブロガーさんたちの間でたびたび名前があがる有名なシーゲル先生の推奨ポートフォリオはこんな感じです。

 

米国株投資家の間でよくみかける高配当戦略は、シーゲルポートフォリオの一部にしかすぎません。

つまるところ、米国以外にも分散投資しなさいよということに他なりません。

ぱぺまぺは、投資初心者なので先人の知恵はパクリます(笑)

グローバル戦略をインデックスファンドで再現するしかないなこれは!

シーゲル・グローバル戦略の内容


インデックス戦略のほかにリターン補完戦略と呼ばれるものがあります。

グローバル戦略は、リターン補完戦略の一部です。

内容としましては、

  • S&Pグローバル100(グローバル株式の大型株100銘柄で構成される指数
  • ダウ・ジョーンズ・グローバル・タイタンズ(世界を代表する巨大なグローバル企業50社で構成

米国だけでなく米国以外の市場、企業への投資を推奨しています。

 

ぱぺまぺは、米国が(現在のところ)最強国家で世界市場にとっても優位な立場にあると思っています。

VTというETFにおいては、以下の図のように構成国比率の半分が米国という事実を鑑みても、米国重視に投資する戦略をとるのは当然の帰結です。

 

 

ぱぺまぺは、ポートフォリオで米国への投資比率を高くしているとはいえ、その他の先進国や新興国への投資しなくてもいいというわけでもないと思っています。

多少の分散性をとりつつ、米国外のリターンを得てしまおうという考えです。

インデックスファンドでグローバル戦略!

低コストで先進国や新興国への投資ができるインデックスファンドは、

  • eMAXIS Slim先進国インデックスファンド : 日本以外の先進国に幅広く投資
  • eMAXIS Slim新興国インデックスファンド : 新興国に幅広く投資

です。

どちらのインデックスファンドも100円から投資できるので、資金が少ないぱぺまぺでもグローバル戦略(笑)とかできるわけです。

ぱぺまぺは、2019年になったらつみたてNISAで投資を行う予定です。

上で挙げた二つのインデックスファンドは、つみたてNISA対象のインデックスファンドです。

まだ具体的な比率を決めているわけではありませんが、概ねこんな感じです。

  • eMAXIS Slim先進国インデックスファンド 10%
  • eMAXIS Slim新興国インデックスファンド 10%

2019年からつみたてNISAします

2018年10月8日

 

シーゲルポートフォリオのマネをするのが目的なのではなく、あくまでも米国以外への分散投資が目的です。

本当のグローバル戦略かそうでないかは、ぱぺまぺにとっては重要ではありません。

まあそもそも資金が少ないので、無理してETFやら個別株に手を出さないほうが無難というものです。

 

グローバル戦略

  • 投資資金に余裕があるなら個別株やETFで対応する。
  • 投資資金に余裕がなければ、インデックスファンドで代用する。
  • 戦略的に、国際分散となるので米国集中投資を望んでいる人は向かない。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。