Pontaポイントで金の果実投資。

その他投資

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

今回も昨日に引き続きPontaポイント運用で投資できる商品についてです。

 

純金上場投資信託、通称「金の果実」

ネーミングだけでもワクワクしますね笑

 

買いたくなってきますよ、買わないけど。

 

ぱぺまぺは貴金属投資はしないですけど、本当は投資してみたい。

だからついつい記事にしてしまうんですよ。

 

金投資については、⬇でも紹介しています。

純金投資

純金投資のメリット・デメリット

2018年11月26日

 

純金上場信託(金の果実)の特徴


純金

 

金投資についてカンタンにおさらいすると、

  • 金は、金それ自体に価値がある
  • 金は、守りの資産、有事の際の資産
  • 金は、分配金・配当金を生まない
  • 金は、株式よりもリターンで劣る

 

と、こんな感じです。

なお、こちら金の果実1540の他に同類の商品として、

  • 純プラチナ上場信託1541(プラチナの果実)
  • 純銀上場信託1542(銀の果実)
  • 純パラジウム上場信託1543(パラジウムの果実)

があります。

 

「金の果実」の構成

  • 金(純度:99.99%)

 

で構成されています。

じつにわかりやすい。

 

魅力ある金投資でも株式には劣る

 

ぱぺまぺが金投資を積極的にしない理由は⬇の図のとおりです。

 

 

投資の世界ではわりと有名な図ですね。

超ざっくりいうと、株式が右肩あがりで成長しているけれど、他はそうでもないと。

 

これを見ると株式が、金だけでなく同時に他の資産クラスよりも良いパフォーマンスを叩き出しています。

金は下のほうですね・・・。

 

もちろん、ぱぺまぺはこの図を盲信するわけではありませんが、少なくとも株式がいちばん投資対象としては最適かなと。

だからといって、株式以外の資産クラスには投資しなくていい、というわけでもありませんが。

 

ぱぺまぺは分散投資派なんで、株式以外の資産クラスにも投資したほうがいいとは思っています。

もしも分散投資にこだわるならば、株式だけでなく、

  • 債券
  • リート
  • コモディティ(貴金属)

 

なんかもポートフォリオに組み合わせるのもひとつの案です。

 

最も、あくまでも主役は株式です。

分散投資派のぱぺまぺは、株式以外で保有している資産クラスは

  • 債券(投資信託で保有。ただし、投資は停止中)
  • リート(ニッセイグローバルリートインデックスファンドに投資中)

 

という感じです。

金は、悪くはないんですがね。(輝き的に笑)

 

 

Pontaポイント運用を使えば、ポイントで金のETFが買えます。

ポイント投資

Pontaポイント運用の手数料が高すぎる

2019年4月16日

 

ただぱぺまぺがもしも金投資するなら、ポイントで投資、という感じになりますね。

株式の方に資金を集中させたいので・・・。

 

株式の補助的に金投資、というのならアリです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました




応援クリックよろしくお願いします。