未経験、異業種、知識ゼロからweb制作で苦労したこと

プログラミング勉強

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

未経験、異業種、知識ゼロからのスタートでプログラミングの勉強をしています。

今はどちらかというとweb制作寄りの学習をしていますが、勉強してて思ったこといくつかあり、それを自分なりに解決したことを軽くまとめてみました。

 

無料でプログラミングの学習ができるサービスを利用する

 

知識ゼロなので何から勉強していいかわからんという状態から始めました。

元々そういうことを勉強をしていて、昔からやっていたのならばともかくとして、ぱぺまぺの場合、全く1mmもそういう勉強をしたことがありませんでした。

 

プログラミング言語に限っていえば色々な言語があるため、どの言語から勉強するのが正解なのか?というのもありましたし。

独学で勉強だと、調べながら勉強という状況の中なのでかなり時間がかかりました。

 

今はprogateやドットインストールなどなるべく無料でもプログラミングの勉強をできる教材があるので、それらを利用するのがいいでしょう。

  • progate(プロゲート)
  • ドットインストール

 

プログラミングスクールを利用する

 

ぱぺまぺが次に取った方法は、プログラミングスクールを利用するという方法でした。

プログラミングスクールは多少お金はかかりますが、

  • メンター付きで教えてもらえる
  • 勉強する内容が体系化されている
  • 地方住みでもオンラインで勉強可能

 

という勉強環境が良かったです。

何から勉強すればいいかわからんという状況で調べながらやった方が頭に残るかもしれませんが時間がかかりすぎる・・・。

なるべくショートカットするためにも、お金を払ってででもいいから、時短したいならおすすめです。

 

最初はまず、ある程度体系化された内容のものはプログラミングスクールだったらプログラミングスクールの独自の教材があるでしょうから、それを勉強して知識を身につけてから、不足部分をあとから追加で勉強するというのがいいのかなと。

  • プログラミングスクールを利用する

テックアカデミーのレビューとおすすめ

 

プログラミングスクール卒業後は、MENTAを利用する

 

プログラミングスクールは数ヶ月でいくら、という感じで、それを卒業してしまうとメンターがいなくなってしまうんですね。

 

それだと困るので、ぱぺまぺは次に行ったのはMENTAというサービスを使ってメンターを雇うことでした。

 

月にいくらかのお金を支払う代わりに、プログラミングの勉強に関することやポートフォリオ作成、転職のサポートなどしてもらえます。

 

基本的には自分で動くんですが、例えばweb業界に転職するにあたってのやり方とか今はどういう言語がトレンドだとか、ネットでいわれているような情報は実際のところどうなのかとか。

そういう、現役でやっている人にしかわからないようなことも聞いてみたりもできます。

MENTA使ってみた感想

 

覚えることが多いので、取捨選択する

覚えることが多すぎます。

 

今でこそ分からないことがあってもささっと調べてなんとか自分で解決することはできますが、初期段階においては何が分からんのか分からん状態でした。

しかもその状況で、HTML、CSSだけでなく他の色んな言語またそれに付随するツールなど多種多様なものがあふれており、何から覚えればいいのかっていう感じでしたね。

 

全て覚えられれば理想なんですが、なかなか初学者にはめちゃめちゃ厳しい・・・。

初期段階においては取捨選択することがめちゃめちゃ大事だと思います。

 

なりたいものがあるならば、それに特化して勉強するのが最適です。

 

覚えることは確かにたくさんあるんですが、でも例えばフロントエンドエンジニア目指すという場合であればまずフロントエンドで使われるような言語やツールに絞るだけでもかなり勉強する内容は減ると思います。

例えばフロントフロントエンドでまず使わなそうな言語覚えてもしょうがないし。

 

その場合、バックエンドスキルは身につけなくていいのかというとちょっと疑問ですが、それは今から考えることじゃないかなと。

勉強初期段階においてはそこまで考える必要はないですね。

 

知識があることに越したことはありませんが、それは今じゃないかなと。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。