週明け・休み明けの仕事がイヤすぎる問題を解決する

社畜経験談

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺはだいたい日中社畜してます。

通常であれば週6連勤すれば日曜という休日が待っているのですが、その貴重な休日はびっくりするぐらいあっという間に過ぎるんですよね。

 

この感覚わかると思いたい。

癒しタイムであるところの日曜が終わりに差し掛かると、また6連勤の最初の1日が始まるわけであります。

  • また、月曜が始まる
  • また長い1週間が始まる
  • 月曜からの仕事がめんどくさすぎる

 

めちゃくちゃしんどいです。

精神的にしんどい。

 

そもそもなんでこんなしんどい思いをしなきゃならんのか。

仕事がつらいとかキツイとか、そういう当たり前の感情を持っているからです。

 

そのシンドさを解決する方法は、環境を変えるのが手っ取り早いです。

仕事に悩むなら、とりあえず転職サイトに登録だけしておくと気持ちが楽になります。

登録だけなら無料です。

↓におすすめの転職サイトを紹介しています。

転職サイトに登録だけしておくと気持ちが楽になる

仕事のシンドさを最も手っ取り早く解決するには、仕事環境を変えること。

 

ぱぺまぺは過去に5回ほど転職経験がありますが、今勤めているところもやっぱり週明けの仕事のシンドさを感じています。

精神的疲労というんでしょうか。

 

また1週間精神的疲労を味わう地獄が続くのか、という感じです。

この精神的疲労≒シンドさは、本当に解決しないとだんだんと蓄積します。

 

バカにしているとマジで身も心も破壊されますよ。

経験からいえば、環境を変える、つまり転職するとだいたいは解決します。

 

一種の逃避といわれればそれまでですが、言わせておけばいいです。

自分が大事ですから。

週明けの仕事行きたくないシンドさ≒ストレスが蓄積される

 

シンドさが蓄積されると、何もしたくなくなります。

今の職場はまだその領域にまで達していませんが、以前の職場はそんな感じになりました。

  • 休日になっても無気力状態
  • 好きな趣味を続けなくなる
  • 食欲がなくなる
  • 同僚がすべて敵にしかみえなくなる

 

こういうときに休日出勤なんかしてごらんなさいよ。

死闘ですよね、これ。

メンタルが弱い?

 

そうかもしれません。

仕事ごときでつぶれるなんてオカシイと思う人もいるでしょうが、そうでない人も中にはいるわけで。

ぱぺまぺはその中の一人です。

仕事環境を変える、転職を決めると心が楽になる

環境をかえる

 

ブラックな会社を辞めれば、いろいろなことが解決します。

  • 嫌いな上司や同僚から離れられる
  • 嫌いな仕事や苦手な仕事から離れられる
  • 次の職場が決まるまでの余裕時間が生まれる

 

ただし、会社を辞めた以上は次の問題が生じます。

  • 生活費を稼がなければならない
  • 転職先がブラックかホワイトな企業がわからない

 

たしかにそういう問題はありますが、それはやめてからでも考えてもいいです。

 

次が決まってから辞めよう、なんて考えてはいつまでたっても解決しないし、その前に心と体が壊れてしまうことだってあります。

どうしてもやばいときは、腹を決めるしかないですね。

小さなことからでも転職活動をすると気が楽になります。

 

登録だけなら無料なので心の安定剤だと思って登録しましょう。

転職支援15年以上、転職に役立つおすすめ情報サイトAfterSeasonがおすすめする「求人の多い転職エージェント」です。


転職サイト・転職エージェントおすすめ早見表より
ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。